サンフアン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS San Juan CL-54.jpg
艦歴
発注
起工 1940年5月15日
進水 1941年9月6日
就役 1942年2月28日
退役 1946年11月9日
その後 1961年にスクラップとして廃棄
除籍 1959年5月1日
性能諸元
排水量 6,000 トン
全長 541 ft 6 in
全幅 53 ft 2 in
吃水 20 ft 10 in
機関
最大速 31.8ノット
乗員 士官、兵員820名
兵装 5インチ砲16門
1.1インチ砲16門
20mm機銃8基
21インチ魚雷発射管8門

サンフアン (USS San Juan, CL-54) は、アメリカ海軍軽巡洋艦アトランタ級軽巡洋艦の4番艦。艦名はプエルトリコサンフアンに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

サンフアンはマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチールフォアリバー造船所で1940年5月15日に起工する。1941年9月6日にマルガリータ・コル・デ・サントーリ夫人によって命名、進水し、1942年2月28日に艦長ジェームズ・E・マーヘル大佐の指揮下就役した。

1942[編集]

大西洋での整調後、サンフアンはワスプ (USS Wasp, CV-7) を中心に形成された空母任務群の一部として1942年6月5日にバージニア州ハンプトン・ローズを出航し太平洋に向かった。任務群は、ソロモン諸島に向かう兵員輸送船団の護衛として6月30日にサンディエゴを発つ。同部隊は第二次世界大戦において海軍が行う初めての大規模揚陸作戦に参加する予定であった。

フィジー諸島での予行演習の後、サンフアンは1942年8月7日にツラギ島への上陸部隊に対して砲撃支援を行った。8月8日から9日にかけての晩にサンフアンはツラギとガダルカナル島の間の輸送エリア東入口を偵察中であった。西入口で砲火が見え、第一次ソロモン海戦が始まる。サンフアンは空になった輸送艦と共に後退し、それらの艦をヌメアまで護衛した。

サンフアンは再びワスプと行動を共にして、ニューヘブリディーズ諸島とソロモンの間を哨戒した。しかし、8月24日に行われた第二次ソロモン海戦は、ワスプは燃料補給のため後退していたため海戦に参加できなかった。この海戦で空母エンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) が損傷し、サンフアンもガダルカナル島沖で砲架を破損する事故が発生したため、サンフアンはエンタープライズと共に後方に下がることとなった。9月10日、サンフアンとエンタープライズは真珠湾に帰投した。

10月5日、サンフアンは海兵隊向けの貨物と20ミリ機銃を積み、南太平洋の戦場に向かった。フナフティ島に到着後、物件を揚陸させたサンフアンは、ギルバート諸島方面に向けて単艦出撃し、2隻の特設監視艇を撃沈した。エスピリトゥサント島で日本人の捕虜を上陸させた後、サンフアンは10月23日にエンタープライズと合流した。3日後、偵察機が日本の機動部隊を発見したことにより、南太平洋海戦が起こった。この海戦では、日本側は飛行機とパイロットにおびただしい損害を出し、アメリカ側は空母ホーネット (USS Hornet, CV-8) を喪失し、エンタープライズが損傷した。サンフアンは一貫してエンタープライズの護衛にあたったが、日本の空母隼鷹からの急降下爆撃隊の攻撃で、250キロ爆弾が艦尾に命中し貫通した。浸水も起こったが、舵は辛うじて生きていた。海戦終了後、サンフアンは10月30日に任務部隊と共にヌメアに帰投し、次いでシドニーに回航され本修理が行われた。修理を終えたサンフアンは、フィジーナンディで空母サラトガ (USS Saratoga, CV-3) に合流した。

1943[編集]

サンフアンは1942年12月から1943年6月までは、ヌメアを拠点にソロモン諸島の戦いに参加し、珊瑚海を単独で哨戒した。1943年6月末からの ニュージョージア島の戦いでは、サンフアンの任務部隊は日本側の反撃を警戒するため、珊瑚海で26日間に及ぶ哨戒を行った。7月遅く、任務部隊はエファテ島、次いでエスピリトゥサント島に下がった。

11月1日、アメリカ軍はブーゲンビル島タロキナ岬に上陸し、ブーゲンビル島の戦いが始まった。サンフアンはサラトガと行動を共にして、ブーゲンビル島とラバウル間の日本側の交通路を遮断した。次いで、サンフアンはクェゼリン環礁を攻撃する空母エセックス (USS Essex, CV-9) の任務群に加わった。エセックスの任務群は12月4日と5日のマーシャル諸島沖航空戦雷撃機の襲撃にあったが、全て撃退した。サンフアンは12月6日に任務群から外れ、整備のためメア・アイランド海軍造船所に向かった。

1944[編集]

1944年1月19日、サンフアンは真珠湾でサラトガと再び合流し、サラトガの任務群は2月のエニウェトクの戦いを支援した。次いで、サンフアンは空母ヨークタウン (USS Yorktown, CV-10) およびレキシントン (USS Lexington, CV-16) を護衛し、3月30日から4月1日にかけて、パラオヤップ島およびウルシー環礁への攻撃(パラオ大空襲)を支援した。4月7日、サンフアンは空母ホーネット (USS Hornet, CV-12) と合同し、ホーランジアの戦いの支援と、4月29日と30日に行われたトラック諸島への再度の空襲に従事した。ホーネットの任務群はマーシャル諸島の前進基地に引揚げて整備の後、6月前半からはマリアナ諸島の戦いの前哨戦として、小笠原諸島父島硫黄島への攻撃を行った。アメリカ軍はサイパン島に上陸し、これを阻止しようとした日本艦隊をマリアナ沖海戦で打ち破った。サンフアンは、海戦で対空防衛に専念した。

エニウェトク環礁での整備の後、サンフアンは空母ワスプ (USS Wasp, CV-18) とフランクリン (USS Franklin, CV-13) の護衛を行い、任務群はグアムの戦いの支援で再度父島と硫黄島を空襲した。パラオとウルシーに対する再度の攻撃の後、サンフアンはオーバーホールのためサンフランシスコに回航されることとなり、サンフアンは8月4日、ヨークタウンを護衛してエニウェトクを出港した。

オーバーホール後の訓練をサンディエゴと真珠湾で行ったサンフアンは、11月21日にウルシーに到着してレキシントンの任務群に加わった。12月に入り、第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)は、来るミンドロ島の戦いに備えてルソン島台湾を攻撃することとし、その間、日本の航空機を偽の場所におびき出すこととし、サンフアンが偽情報を発信する役目で12月7日から単艦行動に出た[1]。しかし、この作戦に日本機は引っかからなかった。12月18日から19日にかけて、任務部隊はコブラ台風に翻弄され、12月24日にウルシーに帰投した。

1945[編集]

6日後、第38任務部隊はルソン島の戦いの前哨戦のため出撃した。1945年1月3日から9日にかけて、任務部隊の艦載機は台湾、沖縄島およびルソン島を攻撃。さらに南シナ海に入り、1月10日から20日にかけてインドシナ半島カムラン湾サイゴン香港などの港湾や艦船を攻撃した。サンフアンはウルシーでの整備の後、2月には硫黄島の戦いの援護で、東京への艦載機攻撃を行うホーネットを護衛し、3月1日にウルシーに帰投した後は、沖縄への進撃の準備を行った。

サンフアンは3月22日にホーネットと顔を合わせ、4月30日まで南西諸島近海で行動した。ホーネットの艦載機は4月21日に南大東島を空襲したほか、4月7日の坊の岬沖海戦では戦艦大和の撃沈に一役買った。その9日後に一旦ウルシーに戻った後、再度南西諸島近海に戻って沖縄戦の支援に従事した。サンフアンは6月13日に修理のためレイテ湾に帰投し、7月1日からの日本本土への攻撃では第38.1任務群(トーマス・L・スプレイグ少将[2])に属し、空母ベニントン (USS Bennington, CV-20) の護衛に就いた。8月15日の日本の降伏後、サンフアンは8月27日に相模湾第3艦隊の他の艦艇と共に入港した。

サンフアンは、ロジャー・W・シンプソン英語版准将の指揮で実施された捕虜解放作戦に協力した。8月29日、特別部隊は大森大船および品川の収容所から捕虜を解放した。解放された捕虜は病院船ベネヴォレンス (USS Benevolence, AH-13) とレスキュー (USS Rescue, AH-18) に収容された。サンフアンはさらに、名古屋浜松間と仙台釜石間にある捕虜収容所の解放作戦にも従事し、作戦終了後の9月23日、サンフアンは戦艦長門に横付けした。サンフアンは10月28日まで横須賀に滞在した後、11月14日に本国に向けて出港。真珠湾でシンプソン准将を降ろした後、11月29日に本国に凱旋した。3日後、サンフアンはマジック・カーペット作戦に従事して、ヌメアおよびトゥトゥイラ島からの復員将兵をサンペドロまで輸送し、1946年1月9日に到着した。

戦後[編集]

サンフアンは1月24日にブレマートンに回航されて係留され、11月9日に退役して太平洋予備役艦隊に編入された。1949年2月28日、サンフアンはCLAA-54 (防空軽巡洋艦)に艦種変更される。サンフアンはそのまま現役に戻ることなく、10年後の1959年3月1日に除籍され、1961年10月31日にロサンゼルスターミナル島英語版にあるナショナル鉄鋼所英語版にスクラップとして売却された。

サンフアンは第二次世界大戦の戦功で13個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ カルフォーン, 43ページ
  2. ^ クリフトン・スプレイグ少将とは別人

参考文献[編集]

  • C・レイモンド・カルフォーン/妹尾作太男・大西道永(訳)『神風、米艦隊撃滅』朝日ソノラマ、1985年、ISBN 4-257-17055-7
  • 佐藤和正「ガ島奪回作戦<前期>」『写真・太平洋戦争(4)』光人社、1988年、ISBN 4-7698-0414-8
  • 石井勉(編著)『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • E・B・ポッター/秋山信雄(訳)『BULL HALSEY/キル・ジャップス! ブル・ハルゼー提督の太平洋海戦史』光人社、1991年、ISBN 4-7698-0576-4
  • 「世界の艦船増刊第36集 アメリカ巡洋艦史」海人社、1993年
  • 佐藤和正「南太平洋海戦/第三次ソロモン海戦」『写真・太平洋戦争(第5巻)』光人社NF文庫、1995年、ISBN 4-7698-2079-8
  • 「世界の艦船増刊第57集 第2次大戦のアメリカ巡洋艦」海人社、2001年

外部リンク[編集]