フリント (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Flint CL-97
艦歴
発注:
起工: 1942年10月23日
進水: 1944年1月25日
就役: 1944年8月31日
退役: 1947年5月6日
除籍: 1965年6月1日
その後: 1966年10月にスクラップとして売却
性能諸元
排水量: 6,000 トン
全長: 541 ft 6 in
全幅: 53 ft 2 in
喫水: 16 ft 4 in
最大速: 33 ノット
航続距離:
乗員: 士官、兵員623名
兵装: 12 x 5インチ砲
20 x 40mm砲
14 x 20mm機銃
6 x 21インチ魚雷発射管
艦載機:
モットー:

フリント (USS Flint, CL/CLAA-97) はアメリカ海軍軽巡洋艦アトランタ級軽巡洋艦(またはオークランド級軽巡洋艦)の7番艦。艦名はミシガン州フリントに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

フリントはカリフォルニア州サンフランシスコベスレヘム・スチール社で1942年10月23日に起工。1944年1月25日にR・A・ピッチャー夫人によって命名、進水し、1944年8月31日に艦長C・R・ウィル大佐の指揮下就役した。

フリントは1944年12月27日にウルシー環礁第3艦隊ウィリアム・ハルゼー大将)に加わった。その6日後、第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)所属でルソン島攻略支援のため出撃した。1月26日から2月10日までウルシー環礁で補給をおこない、第38任務部隊から名前の変わった第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)所属で東京空襲に向かった。2月21日に部隊は硫黄島沖に到着し、硫黄島攻略の支援に当たった。フリントは3月12日にウルシー環礁に戻り2日間補給をおこなった。

次の出撃では沖縄侵攻の準備として、第58任務部隊は九州を攻撃した。その後部隊は沖縄沖に向かい、4月1日にフリントは他の巡洋艦と共に艦砲射撃をおこなった。ウルシー環礁にいた5月14日から24日までの期間を除いて、フリントはレイテ湾に投錨する6月13日まで沖縄周辺で行動した。

1945年7月1日、フリントは第38.4任務群(アーサー・W・ラドフォード少将)に属してレイテ湾を出撃し、戦争終結まで日本本土に対する攻撃に従事した。9月10日から15日まで東京湾に滞在した後、9月21日まで機動部隊と共に本州中部の空と海上の監視をおこなった。フリントは日本からエニウェトク環礁への航海を行い、10月13日に横須賀で本国へ戻る軍人を乗せて11月28日にサンフランシスコ湾に到着した。その後、クェゼリン環礁からも軍人をアメリカへ運んだ。

1946年1月11日、フリントはワシントン州ブレマートンピュージェット・サウンド海軍造船所に着き、1947年5月6日に同地で退役した。1949年にCLAA-97 (防空軽巡洋艦)に類別変更され、1965年に除籍。翌1966年にスクラップとして売却された。

フリントは第二次世界大戦の戦功で4個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石井勉(編著)『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • 「世界の艦船増刊第36集 アメリカ巡洋艦史」海人社、1993年
  • 「世界の艦船増刊第57集 第2次大戦のアメリカ巡洋艦」海人社、2001年

外部リンク[編集]