ジュノー (CL-119)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Juneau (CLAA-119)
艦歴
発注
起工 1944年9月15日
進水 1945年7月15日
就役 1946年2月15日
退役 1956年7月23日
その後 1962年スクラップとして売却
除籍 1959年11月1日
性能諸元
排水量 6,000 トン
全長 165.05 m (541 ft 6 in)
全幅 16.21 m (53 ft 2 in)
吃水 4.98 m (16 ft 4 in)
機関 ボイラー(665 psi) 4基、蒸気タービン 2基、75,000 hp
最大速力 32 ノット
航続距離 6,440 海里/20 ノット
乗員 士官、兵員623名
兵装 38口径連装5インチ砲 6基
50口径連装3インチ砲 2基
ボフォース 40mm機関砲 24門
エリコン 20 mm機関砲 4門

ジュノー (USS Juneau, CL/CLAA-119) は、アメリカ海軍巡洋艦アトランタ級軽巡洋艦の9番艦。艦名はアラスカ州ジュノーに因む。その名を持つ艦としては2隻目。本艦以降の3隻はジュノー級として分類される場合がある。

艦歴[編集]

ジュノーはニュージャージー州カーニーフェデラル・シップビルディング社で1944年9月15日に起工。1945年7月15日にB・L・バートレット夫人によって進水し、1946年2月15日にルーファス・E・ローズ艦長の指揮下就役した。

就役初年度、ジュノーは大西洋岸とカリブ海沿いに作戦活動に従事した。朝鮮戦争に先立って地中海へ3度の巡航を行う。1947年4月16日にニューヨークを出航、5月2日にトリエステ第6艦隊に合流し、イタリアユーゴスラビア間の領土問題解決への援助を行う。引き続いてギリシャに向かい、共産勢力に対して警戒を行った。訓練のため、11月15日にノーフォークに帰還したジュノーは、翌1948年6月14日から10月3日まで再び第6艦隊と共に活動し、その後1949年5月3日から9月26日まで3度目の地中海配備を行った。

ジュノーは1949年3月18日に CLAA-119 (防空軽巡洋艦)に艦種変更され、11月29日にノーフォークを出航、太平洋に向かう。1950年1月15日にワシントン州ブレマートンに到着し、太平洋岸沿いに作戦活動に参加した。4月22日に第5巡洋艦隊司令官、J・M・ヒギンズ少将の旗艦となり、6月1日に日本横須賀に到着、続いて対馬海峡の監視パトロール任務を始めた。6月25日に朝鮮戦争が始まり、ジュノーは極東海軍司令官C・ターナー・ジョイ中将が直ちに指揮可能な僅かな艦の内の1隻であった。ジュノーは敵の上陸を防ぐため38度線以南を巡航し、6月29日には Bokuko Ko へ最初の艦砲射撃を行う。7月2日には最初の海上戦闘を行い、 Chumonchin Chan の近くで敵魚雷艇3隻を沈め、海岸沿いに地上部隊を支援した。7月18日、イギリス軍艦艇を含む艦隊は Yongdok 近くの敵集結地に対して攻撃を行った。

ジュノーは7月28日に佐世保を出航し台湾海峡を通過、8月2日に沖縄中城湾第7艦隊に合流した。8月4日に台湾哨戒部隊の旗艦となり、10月29日に朝鮮半島東岸で活動する高速空母任務部隊に加わった。ジュノーは航空母艦に対する航空警戒を連日行い、その後1951年5月1日にオーバーホールのためカリフォルニア州ロングビーチに到着した。オーバーホール後は太平洋岸およびハワイ海域で作戦活動を行う。1952年4月19日に横須賀に戻り、空母艦載機部隊と共に韓国沿岸を攻撃し、11月5日にロングビーチに帰還した。

その後ジュノーは艦隊演習および作戦活動に従事し、1953年4月7日にノーフォークに到着、大西洋艦隊に再び加わる。5月13日、ジュノーは第6艦隊と共に出航し、10月23日に帰還した。その後も大西洋およびカリブ海で1954年11月18日まで活動し、最後の任務のため地中海に向かう。1955年2月23日に東海岸に帰還し、1956年3月23日にフィラデルフィアで予備役となる。7月23日に退役、大西洋予備役艦隊フィラデルフィアグループ入りし、1959年11月1日に除籍される。ジュノーは1962年にニューヨークのユニオン・メタルズ・アンド・アロイ社にスクラップとして売却された。

ジュノーは朝鮮戦争での戦功で5個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]