鳥海 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥海
艦歴
計画 昭和2年(1927年)度
起工 昭和3年(1928年)3月26日
進水 昭和6年(1931年)4月5日
就役 昭和7年(1932年)6月30日
喪失 昭和19年(1944年)10月25日
除籍 昭和19年(1944年)12月20日
要目(計画)
排水量 基準:9,850英トン
公試:12,986トン
全長 203.76m
全幅 18.999m
吃水 6.11m
機関 ロ号艦本式缶12基
艦本式タービン4基4軸
130,000馬力
速力 35.5ノット
航続距離 14ノットで8,000海里
燃料 重油:2,645トン
乗員 760名
兵装
(竣工時)
50口径三年式II号20.3cm連装砲5基10門
45口径十年式12cm単装高角砲4門
八九式61cm連装魚雷発射管4基8門
毘式40mm単装機銃2基
兵装
(昭和19年(1944年)[1]
50口径三年式II号20.3cm連装砲5基10門
45口径十年式12cm単装高角砲4門
八九式61cm連装魚雷発射管4基8門
25mm連装機銃8基
25mm単装機銃22挺
13mm単装機銃2挺
電探
(昭和19年(1944年)[1]
二号一型1基
二号二型2基
装甲 舷側:127mm
水平:34-46mm
砲塔:25mm
航空機 水上偵察機3機(呉式二号三型射出機2基)
昭和17年(1942年)11月20日または翌日、トラック諸島に停泊する「鳥海」。

鳥海(ちょうかい/てうかい)は、日本海軍重巡洋艦高雄型の4番艦。艦名は秋田山形県境の鳥海山に由来する[2]艦内神社鳥海山大物忌神社より分祀された[3]。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。なお、名称は海上自衛隊こんごう型護衛艦の4番艦ちょうかいに受け継がれている。

書類上は日本で竣工した最後の重巡洋艦(一等巡洋艦)(最上型利根型は軽巡洋艦(二等巡洋艦)として計画され喪失まで書類上の変更はなかった)。

艦歴[編集]

鳥海は昭和3年(1928年3月26日三菱造船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)で起工、昭和6年(1931年)4月5日に進水、昭和7年(1932年)6月30日に艤装員長細萱戊子郎大佐の指揮下就役する。竣工後の鳥海は艦隊の旗艦を度々務めたが、これは客船建造の経験豊富な三菱が造船を担当したことから同型艦と比べて艦内艤装が良かったためといわれている[4]。同年12月1日には高雄型4隻で第四戦隊を編成した。

昭和8年(1933年)には第二艦隊旗艦となり、同年夏の特別大演習に際しては青軍の前衛部隊旗艦を務めたが、演習中に短波通信が一時不能となったことから海軍の通信関係者の間では「鳥海事件」とも称される問題になった[5][6]。演習後は横浜沖で開かれた観艦式で御召艦比叡の先導艦となり、同年末には無線設備を一部改装、翌昭和9年(1934年)以降も第二艦隊旗艦を務める一方九一式高射装置の設置や機関部の小改装を実施し、昭和11年(1936年)10月に神戸沖で開かれた大演習観艦式では再び御召艦比叡の先導艦となった[7]後、改善工事に入り前部マストの短縮や後部マストのデリック換装、毘式40mm単装機銃の撤去と九三式13mm四連装機銃の設置といった改装が施された[8]

昭和12年(1937年)7月に鳥海は改善工事を終えたが、前後して日中戦争が勃発したことから第四戦隊は旅順を拠点にして黄海沿岸での作戦支援に当たった[9]。昭和13年(1938年)春に高雄愛宕が改装工事に入って戦列を離れた後も摩耶と第四戦隊を組んで日本本土近海で訓練を行う一方第二艦隊旗艦として中国沿岸に進出、同年10月には連合艦隊主力による示威行動の一環として廈門に寄港している。昭和14年(1939年)も前年同様摩耶と訓練や大陸方面での作戦に当たっていたが、11月に竣工直後から所属していた第四戦隊を離れ、以後は昭和15年(1940年)10月まで第二遣支艦隊旗艦となった[10]

日本本土に戻り第四戦隊に復帰した鳥海は昭和16年(1941年)に後述する改装工事を受ける予定だったが、対外情勢の緊迫等により舷外電路設置ほか出師準備工事を行うのみとなった。12月8日の太平洋戦争開戦時、鳥海は小沢治三郎中将指揮下の南遣艦隊旗艦としてマレー半島侵攻支援とイギリス海軍Z部隊追跡に参加した。

昭和17年(1942年)1月、2月、オランダ領東インドボルネオ島の攻略作戦に参加。2月22日、セント・ジャックス岬付近で暗礁に触れ損傷。27日、修理のためシンガポールに到着。修理後はスマトラ島イリ、アンダマン諸島上陸を支援。その後、ビルママーグイに寄港。昭和17年(1942年)4月1日にマーグイを離れインド洋での通商破壊作戦(C作戦)に参加。4月6日、米船Bienvilleと英船Gangesを沈めた。4月22日、横須賀に帰投し、5月には機銃の追加[11]を行った上で同月29日から6月14日までミッドウェー海戦に攻略部隊直衛として参加。7月14日、連合艦隊の再編成で鳥海は第八艦隊(司令長官三川軍一中将)旗艦となりラバウルに進出。8月7日、アメリカ軍がガダルカナル島に来襲。鳥海はガダルカナル島へ向け出撃し第一次ソロモン海戦に参加。アメリカ海軍重巡洋艦「クインシー」と「アストリア」からの砲撃により、艦橋と第一砲塔に被弾し戦死34名。第三次ソロモン海戦では、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を夜間砲撃した第七戦隊(鈴谷摩耶天龍)と合流して退避中、SBDドーントレス急降下爆撃機の攻撃により、艦首至近距離と艦橋右舷に至近弾を受けた[12]。艦隊を組んでいた衣笠は沈没、摩耶は中破した。日本軍のガダルカナル島からの撤退後、第八艦隊の旗艦任務を解かれ、昭和18年(1943年)2月20日横須賀に帰還。ソロモン海戦での損傷修理後8月20日に第八艦隊から第二艦隊第四戦隊に転出、9月には機銃、電探の増備を行い南方へ進出したが、11月5日、第四戦隊ほか第二艦隊は進出先のラバウルで大規模な空襲(ラバウル空襲)に遭遇する。同空襲時に鳥海はタンカー救援のためラバウルを離れており空襲を免れたが、他の高雄型各艦が全て損傷するなど被害も大きかったことから鳥海もトラック島へ後退した。

昭和19年(1944年)6月、マリアナ沖海戦に参加。10月にはレイテ沖海戦に参加。第四戦隊の各艦は10月23日にアメリカ潜水艦の攻撃で損害を受け、この時、鳥海は高雄型の中で唯一被害を受けなかった。24日には航空機部隊の攻撃を受けるも損害はなく、翌25日のサマール沖海戦でアメリカ艦隊と交戦する。アメリカ護衛空母を攻撃中、鳥海は護衛空母ホワイト・プレインズによるものだと思われる命中弾により右舷船体中央部に被弾、甲板に装備した魚雷が誘爆し機関と舵が破壊され戦列を離脱した[13]。その後、艦載機部隊の攻撃で機関室前方に500ポンド爆弾を被弾、激しい火災を生じ大破する。同日、駆逐艦藤波の魚雷で処分された。乗組員は藤波に移乗するも同艦はその後の空襲で撃沈されており、鳥海・藤波ともに1人の生存者もいなかった。

昭和19年(1944年)12月20日に除籍された。戦後、長崎県佐世保市の旧海軍墓地東公園に鳥海・藤波連名の慰霊碑が建立された。

鳥海・摩耶の近代化改装[編集]

鳥海、摩耶の近代化改装は昭和16年(1941年)度から実施される予定だったが、同年12月の開戦のために実施されなかった。これには対外情勢の影響のほか先述したように艦隊旗艦任務が多く、改装する時間が取れなかったのも一因、と言う説もある。改装内容は艦橋の小型化をはじめ高雄愛宕に準ずるが、後部マストの移設については盛り込まれなかったとされる。

後に摩耶はラバウル空襲後の戦傷修理を兼ねて改装を行い、鳥海に対しても摩耶と同様の改装を計画し図面も準備されたが[14]改装の機会は得られず、

と竣工時の高角砲・魚雷発射管を装備したままで最期を迎えた。なお、大戦後半にはレーダー(前部マスト上に2号1型を1基、艦橋に2号2型を2基)を装備していた。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』109-111頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 三木太市 大佐:昭和6年(1931年)4月5日 - 1931年12月1日
  2. 細萱戊子郎 大佐:昭和6年(1931年)12月1日 -

艦長[編集]

  1. 細萱戊子郎 大佐:昭和7年(1932年)6月30日 - 1932年12月1日
  2. 谷本馬太郎 大佐:昭和7年(1932年)12月1日 - 1933年11月15日
  3. 小池四郎 大佐:昭和8年(1933年)11月15日 - 1934年11月15日
  4. 三川軍一 大佐:昭和9年(1934年)11月15日 - 1935年11月15日
  5. 春日篤 大佐:昭和10年(1935年)11月15日 - 1936年12月1日
  6. 奥本武夫 大佐:昭和11年(1936年)12月1日 -
  7. 五藤存知 大佐:昭和12年(1937年)7月12日 -
  8. 保科善四郎 大佐:昭和13年(1938年)11月15日 -
  9. 古宇田武郎 大佐:昭和14年(1939年)11月1日 -
  10. 渡辺清七 大佐:昭和15年(1940年)10月19日 -
  11. 早川幹夫 大佐:昭和17年(1942年)4月25日 -
  12. 有賀幸作 大佐:昭和18年(1943年)3月1日 -
  13. 田中穣 大佐:昭和19年(1944年)6月6日 -1944年10月25日戦死

乗組員[編集]

  1. 柳澤長八 少尉

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『世界巡洋艦物語』356p。昭和19年(1944年)6月30日調査。
  2. ^ #寄贈品受領に関する件p.2『今回本艦艦名ニ因メル鳥海山所在地方ヨリ左記ノ通リ寄贈方申出有』
  3. ^ #寄贈品受領に関する件p.2『一、宮殿(御神霊奉安殿) 一宇 寄贈者 国幣中社大物忌神社』
  4. ^ 丸スペシャル121号、52頁
  5. ^ 高雄と愛宕が改装工事で後部マストを移設したのは、この通信異常を起こした原因として高雄型の前後マスト間隔が狭いことが挙げられたためであった。
  6. ^ 丸スペシャル121号、79-80頁
  7. ^ 丸スペシャル121号、46頁
  8. ^ 艦船模型スペシャルNo.26、76頁
  9. ^ 『高雄型重巡』、20-21頁
  10. ^ 丸スペシャル121号、51-53頁
  11. ^ 丸スペシャル121号、折込付表
  12. ^ #海軍生活放談588頁
  13. ^ Hornfischer, James D.. The Last Stand of the Tin Can Sailors: The Extraordinary World War II Story of the U.S. Navy's Finest Hour, p.308-310.. Bantam. ISBN 978-0-553-38148-1. 
  14. ^ 艦船模型スペシャルNo.26、91頁

参考文献[編集]

  • 大西新蔵 『海軍生活放談 日記と共に六十五年原書房、1979年6月。ISBN 031-40870-6945。 大西は第八艦隊参謀長。
  • 丸スペシャル121号『日本海軍艦艇発達史 重巡高雄型』(潮書房、1987年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡II』(光人社、平成元年(1989年)) ISBN 4-7698-0456-3
  • 福井静夫『福井静夫著作集第8巻 世界巡洋艦物語』(光人社、平成6年(1994年))ISBN 4-7698-0656-6
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻(第一法規出版、1995年)
  • 歴史群像太平洋戦史シリーズVol.16『高雄型重巡』(学研、1997年)ISBN 4-05-601685-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 艦船模型スペシャルNo.26『重巡洋艦 高雄・愛宕・鳥海・摩耶』(モデルアート社、2007年)

関連項目[編集]