エスピリトゥサント島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスピリトゥサント島
島の地図。
地理
場所 バヌアツ
座標 南緯15度23分 東経166度51分 / 南緯15.39度 東経166.85度 / -15.39; 166.85
所属群島 ニューヘブリディーズ諸島
面積 3955.5  km²
最高標高 1879  m
最高峰 タブウェマサナ山
バヌアツ
サンマ
最大都市 ルーガンビル (人口 10,738)

エスピリトゥサント島(Espiritu Santo)はバヌアツの島であり、ニューヘブリディーズ諸島最大の島でもある。島の名前はスペイン語聖霊からきている。島の位置は東経166.85度、南緯15.39度、面積は約3,956平方キロメートル。火山活動によって形成された島であり、島の最高所はタブウェマサナ山の標高1,879mである。

島の最大の町は南東岸にあるルーガンビル

ジャッキーズブルーホールなど6つのブルーホールがあることで有名。

歴史[編集]

西洋人は1606年に、この島を発見している。第二次世界大戦中はガダルカナル島から800kmほどの位置にあったため、アメリカ軍の拠点となった。最重要な後方拠点の一つとなり、哨戒基地であるほか、兵力集結・整備・休養などの活動が行われ、浮きドック(乾ドック)が持ち込まれたほか、滑走路も整備された。

1980年のバヌアツ独立直前からエスピリトゥサント島では分離独立運動が強くなり、エスピリトゥサント島を含む3島で独立宣言がなされた。これは、イギリスとフランスの共同統治領であったニューヘブリデス諸島において、イギリス系を中心とした独立運動に対し、エスピリトゥサント島ではフランス系住民の影響が強かったためである。イギリスとフランスは分離独立運動を鎮圧しなかったが、バヌアツの独立後、パプアニューギニアの支援により、バヌアツ政府によって分離独立運動は鎮圧された。

文化[編集]

観光客の来島は多く、ダイビングなどが行われている。西洋化が進むにつれて、土着の宗教は薄れてきており、キリスト教が普及してきている。このほか、マラリア結核HIVの蔓延が問題となっている。