第四航空戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第四航空戦隊(だいよんこうくうせんたい)は、日本海軍の部隊の1つ。航空母艦を主力とする機動部隊。解隊と再編成を繰り返した部隊。

太平洋戦争開戦3ヶ月前の1941年(昭和16年)9月1日に第一航空艦隊を構成する部隊として設立される。太平洋戦争開戦時の主な艦艇は空母「龍驤」「春日丸」、第3駆逐隊が所属していた。セイロン沖海戦アリューシャン作戦などに参加した。しかしミッドウェー海戦での敗北をきっかけに1942年(昭和17年)7月14日に解隊された。

1944年(昭和19年)5月には、戦艦日向」(戦隊旗艦)、戦艦「伊勢」にて、世界でも類を見ない航空戦艦による航空戦隊として編成される。この部隊は捷一号作戦北号作戦といった戦争末期の作戦に参加した。ただし、搭載予定の航空隊が両艦に一部配備されて訓練していた際に台湾沖航空戦が発生し、九州・フィリピン方面に転用されてしまったために、実戦における艦載機運用の実績は無く、事実上は戦艦で編成された「戦隊」である。捷一号作戦におけるエンガノ岬沖海戦では、米海軍機の激しい攻撃を回避、多数を撃墜して無事生還。戦略物資輸送作戦である北号作戦では、広大な飛行機格納庫を活用して物資を搭載、連合軍の攻撃を巧みに回避して内地に帰還、作戦は完全な成功を収め、帝国海軍の有終の美を飾った。

歴代司令官[編集]