青葉 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AobaTrial.jpg
公試中の「青葉」(1937年)
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1924年2月4日
進水 1926年9月25日
就役 1927年9月20日
その後 1945年7月28日、呉にて米軍機の攻撃を受け大破、着底
1947年7月1日、解体。
除籍 1945年11月20日
要目 (竣工時 → 改装後)
排水量 基準:8,300トン → 9,000トン
全長 185.17m
全幅 15.83m → 17.56m
吃水 5.71m → 5.66m
主缶 ロ号艦本式缶専焼10基、同混焼2基
→ ロ号艦本式専焼缶12基
主機 三菱パーソンズタービン4基4軸 102,000馬力
速力 36ノット → 33.43ノット
航続距離  14ノット7,000海里 → 14ノットで8,223海里
燃料 重油1,400トン 石炭:400トン
→ 重油:2,040トン
乗員 643名 → 657名
兵装(竣工時) 50口径20cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基
八年式二号魚雷24本
留式7.7mm機銃2挺
兵装(改装後) 50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基
九三式魚雷16本
25mm連装機銃4基
13mm連装機銃2基
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
航空機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)

青葉(あおば/あをば)は、日本海軍重巡洋艦[1]一等巡洋艦青葉型の1番艦[2]三菱造船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)で建造された[3]。艦名は京都府舞鶴市加佐郡に位置する青葉山に依る[4][5]艦内神社は青葉山の青葉神社。

艦歴[編集]

古鷹型2隻・青葉型2隻のうち、「加古、衣笠」は神戸川崎造船所で、「古鷹、青葉」は三菱長崎造船所で建造された。「青葉」は1924年(大正13年)2月4日起工、1926年(大正15年)9月25日進水[3]。進水式には皇族高松宮宣仁親王が立ち会っており[6]、進水式に派遣された第五戦隊姉妹艦2隻(加古、古鷹)のうち「古鷹」に乗艦している[7]。「加古、古鷹」も参加した「青葉」進水式は無事に終了した[8]1927年(昭和2年)9月20日、竣工[3]太平洋戦争開戦以前は日中戦争に出動し、上海上陸作戦の支援などを行っている。1938年11月~1940年10月まで改装工事を行い、主砲の口径を20.3cmに変更した。

太平洋戦争緒戦[編集]

開戦後は南洋部隊・第六戦隊(司令官五藤存知少将:青葉、加古、衣笠、古鷹)に所属し、トラック諸島方面へ進出、グアム島攻略作戦など中部太平洋の作戦に参加した。

一方、開戦劈頭でのウェーク島占領を企図したウェーク島攻略部隊(指揮官梶岡定道少将)は、第六水雷戦隊(司令官梶岡定道少将:夕張追風疾風睦月如月弥生望月)と第十八戦隊(司令官丸茂邦則少将:天龍龍田)を基幹として攻撃を開始したものの、F4Fワイルドキャット戦闘機4機と陸上砲台の反撃により「如月、疾風」を撃沈され、撃退されてしまった。そこで12月21日の第二次攻略作戦では、南雲機動部隊より派遣された第二航空戦隊(司令官山口多聞少将:旗艦「蒼龍」)空母2隻(蒼龍飛龍)、第八戦隊の重巡2隻(利根筑摩)、第17駆逐隊の駆逐艦2隻(谷風浦風)が作戦に参加し、さらに第六戦隊の重巡4隻も投入された。12月21日に攻撃は開始され、23日にウェーク島の米軍海兵隊は降伏した。

その後、1942年(昭和17年)2月に海軍従軍作家海野十三が「青葉」に乗艦し、将兵の生活を従軍記にまとめている[9]。海野は青葉将兵の勤務態度に強い感銘を受けると同時に、居住環境の悪さについても言及している[10]

1942年4月下旬、ポートモレスビー攻略を目指してMO攻略部隊が編制され、「青葉」以下第六戦隊重巡4隻、空母「祥鳳」、駆逐艦「」、第六水雷戦隊(旗艦「夕張」)等が作戦に参加する[11]。5月7日、第六戦隊の水上偵察機は米軍機動部隊の位置把握に貢献したが、一方で米軍機動部隊艦載機の攻撃を受ける。第六戦隊は空母「祥鳳」を護衛しきれず、同艦は集中攻撃を受けて撃沈された[12]。旗艦「青葉」に乗艦する五藤司令官は米軍の第二次空襲を回避するため北東への退避を決定、このため六戦隊は約300名ほどの祥鳳脱出者を救助することが出来なかった[13]内火艇をおろしかけていた「青葉」では退避決定を受けて救助作業を中止、漂流する生存者たちに『ユックリヤッテレアトデムカエニクル』の手旗信号が送られたという[14]。空襲の危険が去ったのち「漣」が反転して祥鳳沈没現場に戻り、203名を救助した[15]。5月8日、第六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)はMO機動部隊に編入され第五戦隊(妙高、羽黒)や第五航空戦隊の空母「瑞鶴翔鶴」と合流すべく分離、六戦隊第1小隊(青葉、加古)は引き続き第六水雷戦隊やMO攻略部隊と行動を共にした[16]

5月下旬、第六戦隊(青葉、衣笠)は日本本土へ回航されで整備に従事していた[17]。6月5日、日本海軍はミッドウェー海戦で大敗。連合国軍の重用拠点ポートモレスビーの攻略とソロモン諸島における基地航空兵力の拡充は急務とされた[18]。6月18日、「青葉」「衣笠」は第十八戦隊(天龍、龍田)と合流、6月23日トラック泊地へ到着した[17]第四艦隊(司令長官井上成美中将)は『SN作戦』(南太平洋方面の航空基地適地調査・設営・各航空基地強化)と『「リ」号研究作戦』を下令[19]。ガダルカナル島航空基地の設置、ラエ、カビエン、ツラギ、ラバウル各基地の強化、またソロモン諸島航空基地適地の捜索等の諸任務に、第六戦隊・第十八戦隊・第六水雷戦隊(夕張、第29駆逐隊《追風夕月》)・第30駆逐隊(睦月望月卯月)等を投入する[20]。第六戦隊(加古、古鷹)は7月4日にトラックへ進出、10日にレガタで「青葉、衣笠、天龍、龍田」に合流した[17]。「夕張、追風、夕月、卯月、睦月」はガダルカナル島の基地設営輸送船団を護衛、ガダルカナル島へむかった[21]。7月14日、連合艦隊第二段作戦第二期の兵力部署改編により、第六戦隊・十八戦隊・「夕張」・各駆逐隊は外南洋部隊に編入された[17]

ガダルカナル島の戦い[編集]

8月7日、東部ニューギニア方面の「レ」号作戦支援、SN作戦支援のため六戦隊第1小隊(青葉、加古)はアドミラルティ諸島方面へ、第2小隊(衣笠、古鷹)はラバウルに向けて出発した[22]。同日、米軍はウォッチタワー作戦を発動しガダルカナル島フロリダ諸島に上陸を開始、ガダルカナル島の戦いが始まる。五藤司令官は独断で作戦を中止し、六戦隊4隻を率いて第八艦隊旗艦「鳥海」(司令長官三川軍一中将)と合流すべくラバウルへ急行した[23]。夕刻、ラバウル港外で「鳥海、青葉、加古、衣笠、古鷹、天龍、夕張、夕凪」という戦力が集結、ガダルカナル島方面へ出動する[24]

8月8日-9日、第一次ソロモン海戦に参加。魚雷発射管への被弾で小火災が発生するが、大事には至らなかった[25]。8月9日午前8時、「鳥海、天龍、夕張、夕凪」が分離してラバウルとショートランド泊地へ向かい、六戦隊の重巡4隻はカビエンへ向かった[26]。10日午前7時15分、「青葉」の後方800mを航行していた「加古」は米潜水艦「S-44」の雷撃を受けて撃沈された。青葉水上偵察機1機が戦隊前路を警戒していたが、「S-44」を阻止できなかった。また六戦隊も之字運動を実施しておらず、乗組員の疲労も頂点に達していたという事情もある[27]。第六戦隊は「青葉、古鷹、衣笠」の3隻編制となった。 8月24-25日、第六戦隊は第二次ソロモン海戦に際し増援部隊輸送船団(指揮官/第二水雷戦隊司令官田中頼三少将:旗艦「神通」)支援のために出動した。だが戦局には全く関与しなかった。「衣笠」は「鳥海、磯風、夕凪」等と行動し、「青葉、古鷹」のみ輸送船団附近で行動した。

10月11日、城島高次少将が指揮する輸送部隊(水上機母艦2隻《日進千歳》、護衛艦《秋月綾波白雪叢雲朝雲夏雲》)はガダルカナル島へ物資を揚陸、それと並行して第一次挺身攻撃隊(第六戦隊部隊)および第二次挺身攻撃隊(指揮官/第三戦隊司令官栗田健男中将:戦艦《金剛榛名》、 第二水雷戦隊《軽巡五十鈴、第15駆逐隊、第24駆逐隊、第31駆逐隊》)によるヘンダーソン基地艦砲射撃を実施するため出撃する[28]。第六戦隊は10月上旬からヘンダーソン飛行場基地に対する砲撃に備え、訓練をおこなっていた。

第一次挺身攻撃隊は、重巡3隻(青葉、衣笠、古鷹)、駆逐艦2隻(吹雪初雪)という戦力であった。だが10月11日夜、待ち伏せていたノーマン・スコット少将ひきいる米艦隊(重巡洋艦2、軽巡洋艦2、駆逐艦5)との間にサボ島沖海戦が勃発する[29]。第六戦隊首脳は日進隊や昼間基地航空隊の偵察結果から「敵艦隊は存在しない」と判断して事前の索敵を十分におこなっておらず、左舷前方から出現した艦影(米艦隊)を日進隊と誤認[30]。気付いた時には米艦隊に丁字を描かれた状態であった[30]。先制攻撃を受け、初弾が青葉艦橋を貫通して五藤司令官や艦幹部を殺傷する。「青葉」は『我青葉……』を連送しながら面舵に変針し、戦闘能力を失いつつも煙幕を展開しつて戦場を離脱した[30]。主砲発砲数は7発、戦死79名(士官、五藤司令官を含む)であったという[30]。また本海戦で米艦隊との交戦により「古鷹、吹雪」が沈没、救援にむかった駆逐隊からも空襲により「叢雲、夏雲」が沈没した[29]。なお損害を受けた米艦隊もルンガ沖から撤退したため、翌13日の第三戦隊によるヘンダーソン基地艦砲射撃は成功した[31]

「古鷹」の沈没により、第六戦隊は「青葉、衣笠」の2隻となった。10月15日午後、「青葉」はトラック泊地へ帰投[30]山本五十六連合艦隊司令長官が「青葉」を訪問し、損傷状況を視察している[30]。命中弾は不発弾が多く、のちに修理時に検分した造船士官は「仮に全砲弾が炸裂していれば沈んでいた」と述べている[32]。不発弾の多さに対し山本は「もふ此の戦には決して負けないと云ふ自信が出来た」と周囲に語っている[30]。16日には青葉艦長・古鷹艦長が戦艦「大和」の連合艦隊司令部を訪れ、宇垣纏参謀長のみ報告を聴く[30]。敗因について宇垣は「事前の偵察不充分、第十一航空艦隊の航空活動の失敗、第八艦隊司令部が陸上勤務でソロモン方面の実状を知らない、酸素魚雷の誘爆」の四点を挙げている[30]。 大破した「青葉」は内地へ回航され、翌年2月まで呉海軍工廠で修理を受けた。この間の11月14日、第三次ソロモン海戦に参加した姉妹艦「衣笠」が撃沈される[33]。「青葉」1隻だけとなった第六戦隊も解隊された。

修理を終えた「青葉」は2月15日附で第八艦隊に編入される[34]。2月20日、トラック泊地に到着した[35]。つづいてソロモン方面へ進出した。4月1日附の戦時編制改定により第30駆逐隊(望月、三日月、卯月)が外南洋部隊に編入、軽巡「龍田」が第八艦隊から除かれ、代艦として「夕張」が編入[34]。司令長官も三川軍一中将にかわって鮫島具重中将が任命された[34]

連合艦隊と第十一航空艦隊が『い号作戦』を準備中の4月3日午前3日、「青葉」はニューギニア島カビエン(メウエパセージ港)にて米軍機(B-17)の爆撃を受け被弾[36][37]。戦死36名・負傷者75名を出し、浅瀬に擱座する[35]。魚雷の誘爆が大破・擱座の一因となった[34]。また「青葉」の附近では駆逐艦「文月」も被弾して損傷している[38]。軽巡洋艦「川内」による曳航を試みたが、浸水増加のため工作艦を派遣する事態となった[36]。『い号作戦』指揮のため山本司令長官、小沢治三郎中将等とラバウルに滞在していた宇垣連合艦隊参謀長は『折角修理成りて來れる艦何の働も無く、又大被害あり。昨日敵の偵察あり危険を豫感して八艦隊より轉錨を慫慂せるに動かざる事山の如く遂に此の不運を來せり。』と述べている[36]。 4月5日、工作艦「山彦丸」が到着して擱座した「青葉」の排水を実施、約一週間という見通しが立つ[39]。 4月21日、「川内」による「青葉」曳航の試みは成功し、「青葉、川内」は4月24日にトラックへ帰投した[35]。応急修理を施したのち、7月25日にトラックを出発[35]。「青葉」は給糧艦「伊良湖」、駆逐艦2隻(天津風浦風)と船団を組んでいた[40]。8月1日、4隻は呉に到着する[41]。 以後、「青葉」は11月24日まで再び修理に従事した。この際航空巡洋艦や高速艦隊への給油艦として改装される事も検討されたが、結局行われなかった[42]。又、破損していた機関部の修理が行われなかった為、以後最高速力が28ノット程度まで減少している[42][43]

第十六戦隊[編集]

修理完了後は第一南遣艦隊に所属しシンガポールへ進出、速力が落ちていた事もあって同方面で輸送任務に従事した。1944年(昭和19年)3月上旬、第十六戦隊旗艦「青葉」(司令官左近允尚正少将)は、指揮下の重巡洋艦「利根筑摩」と共にインド洋で通商破壊作戦に従事。この時、「利根」が撃沈した英国商船「ビハール号」の捕虜処刑問題を巡ってビハール号事件が発生した。

6月上旬、「青葉」は十六戦隊旗艦として渾作戦に参加。軽巡洋艦「鬼怒」や第27駆逐隊「時雨五月雨」等と行動を共にした。レイテ沖海戦では当初、日本軍第一遊撃部隊(通称栗田艦隊)に所属していたが、第二遊撃部隊に編成替えとなり、第十六戦隊旗艦として後方での兵員輸送を命じられた。10月23日 ルソン島西方で米潜水艦ブリーム (USS Bream, SS-243) の雷撃を受け大破[44]。右舷前部機械室への魚雷命中により右に13度傾斜した。「青葉」はこの状態で「鬼怒」に曳航され、マニラ湾に入港。その翌日にも米軍の空母艦載機による攻撃を受けた。同地での応急修理により5ノットの航行が可能となり、レイテ沖海戦で損傷していた重巡洋艦「熊野」と共に本土回航を命じられる。11月6日、「青葉」「熊野」及びマタ31船団はサンタクルーズを出港するが、同日午前中に「熊野」は米潜水艦の雷撃を受けて大破。「青葉」は「熊野」に対し『われ曳航能力なし』と伝達し、「熊野」を残置して内地へ向かった。11月15日、「熊野」はサンタクルーズ湾で米軍機動部隊艦載機の攻撃を受けて撃沈された。12月12日、「青葉」はかろうじて呉軍港に帰投した。

最期[編集]

呉で着底した「青葉」

前述の通りレイテ沖海戦における「ブリーム」の雷撃で大破していた「青葉」は呉で本格的修理を行う予定であったが、あまりも大きすぎる損傷のために修理の見込みが立たず、呉工廠近くに繋留放置されていた。

1945年(昭和20年)3月に米軍空母機動部隊による攻撃が開始されると、「青葉」も防空砲台として奮戦したが、7月24日に命中弾1至近弾1、28日に命中弾4を受けて艦尾はほぼ切断状態となり、艦内は海水で満水となった結果ついに大破着底した。

そのままの状態で終戦を迎え、1946年11月より播磨造船の手により解体された。

現在、海上自衛隊第一術科学校には、「青葉」の艦首に装着されていた菊花紋章が、大和ミュージアムに青葉の主砲砲身の尾部が展示されている。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』90-93頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 大谷四郎 大佐:1927年4月1日 -

艦長[編集]

  1. 大谷四郎 大佐:1927年9月20日 - 11月15日
  2. 井上肇治 大佐:1927年11月15日 - 1928年12月10日
  3. 日暮豊年 大佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  4. 片桐英吉 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  5. 古賀峯一 大佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  6. 星野倉吉 大佐:1931年12月1日 - 1932年11月15日
  7. 小池四郎 大佐:1932年11月15日 - 1933年11月15日
  8. 杉山六蔵 大佐:1933年11月15日 - 1934年2月20日
  9. 三川軍一 大佐:1934年2月20日 - 1934年11月15日
  10. 伍賀啓次郎 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  11. 平岡粂一 大佐:1935年11月15日 -
  12. 広瀬末人 大佐:1937年11月25日 -
  13. 秋山勝三 大佐:1939年11月15日 -
  14. 森友一 大佐:1940年11月1日 -
  15. 久宗米次郎 大佐:1941年7月25日 -
  16. (兼)荒木伝 大佐:1942年11月10日 -
  17. 田原吉興 大佐:1942年12月31日 -
  18. 山森亀之助 大佐:1943年2月24日 -
  19. 山澄忠三郎 大佐:1943年6月8日 -
  20. (兼)村山清六 大佐:1945年1月1日 -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.35『一等巡洋艦"青葉 あをば" これは衣笠と艦型も要目も寸分違はぬと云つてよい同型艦、しかも起工、進水(大正15年)竣工とも同じ年と云ふ因縁深い姉妹艦である。華府條約といふ勝手な制限はわが重巡陣にたつた一隻の追加も許さなかつたのであるが、今年昭和十二年の元旦は、自由なる自主的軍備への出発の日である。昭和初年世界を風靡した不況をのり切つて生まれた造船日本の理想艦の姿が加古であり、青葉である。伸び上つた艦首と低く下つた艦尾はわが海軍獨特の形である。』
  2. ^ #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.2『艦艇類別等級表|軍艦|巡洋艦|一等|青葉型|青葉、衣笠』
  3. ^ a b c #昭和12年12月1日現在艦船要目公表範囲p.4『青葉|一等巡洋艦|(艦諸元略)|三菱長崎造船所|大正13-2-4|大正15-9-25|昭和2-9-20|(装備略)』
  4. ^ 「青葉艤第54号記念写真受領に関する件」p.3『記念写真受領ニ関スル件 今回本艦艦名ニ因メル青葉山ノ写真ヲ記念トシテ特ニ寄贈シタキ旨 同峯所在地タル京都府下加佐郡志楽村長(以下略)』
  5. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.121『青葉(あをば)|艦種/一等巡洋艦|艦名考/山名に採る、青葉山別称青羽山、又は彌山(ミセン)と謂ふ。若狭國にあり、附近日本海岸に聳立し、従つて頂上よりは岬角海光の眺望潤大なり、標高2,376尺。』
  6. ^ #宣仁親王殿下御発着の件p.13
  7. ^ #青葉進水式儀礼p.7『附圖』
  8. ^ #青葉進水式儀礼p.11『15.9.25 第五戦隊司令官 海軍大臣 青葉進水式ニ關スル任務無事終了 午後二時』
  9. ^ 海野十三『赤道南下』309頁
  10. ^ 海野『赤道南下』24-25頁等
  11. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)195頁
  12. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)248頁
  13. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)284頁
  14. ^ #暁の珊瑚海(文庫)221-222頁
  15. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)285頁
  16. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)287頁
  17. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)43頁『第六、第十八各戦隊のSN作戦における活躍』
  18. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)38頁『作戦発想の経緯』
  19. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)38頁『SN作戦及び「リ」号研究作戦の準備』
  20. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)40頁『SN作戦計画の下令』
  21. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)44頁『第六水雷戦隊のSN作戦における活躍と同隊の解散』
  22. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)430頁
  23. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)442頁
  24. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)465頁
  25. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)482頁
  26. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)493頁
  27. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)494頁
  28. ^ #戦藻録(1968)202頁『十月十一日 日曜日 晴 艦隊トラック出撃』
  29. ^ a b #戦藻録(1968)202-203頁『十月十二日月曜日 晴 サボ島沖海戦。ガ島飛行場に對し巡戦を以てする夜間主砲砲撃』
  30. ^ a b c d e f g h i #戦藻録(1968)208-210頁『十月十六日金曜日 曇 サボ島沖夜戦青葉古鷹實戦失敗談。』
  31. ^ #戦藻録(1968)204頁
  32. ^ #造船士官の回想 下68頁
  33. ^ #戦藻録(1968)235頁『十一月十四日土曜日 雨 衣笠沈没其他損傷。』
  34. ^ a b c d #戦史叢書96ガ島撤収後130-131頁『外南洋部隊の作戦の概要』
  35. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)321-322頁『「青葉」、「川内」に曳航されてトラック入港』
  36. ^ a b c #戦藻録(1968)279-280頁『四月三日土曜日晴ラボール第一日 GF長官陣頭指揮の為ラボール進出。以號作戦(X・Y作戦)。修理完成内地より歸投せる青葉敵機の為又々大損傷。GF陣頭指揮進出の理由』
  37. ^ #S1803第4航空軍関係電報(3)p.1『(宛略)二.三日早朝敵籔機「カビエン」ニ来襲シ同地入泊中ナリシ青葉(巡洋艦)炎上シ驅逐艦一損傷ヲ受ケタリ(略)』
  38. ^ #S1709第八艦隊日誌(7)p.19『(ト)4月3日「メーウェ」泊地停泊ノ青葉及「スエツフエン」水道南方回避行動ノ文月ハ0320ヨリ0410ノ間ニ敵機ノ攻撃ヲ受ケ青葉ハ浸水擱座文月ハ中破セリ』
  39. ^ #戦藻録(1968)282頁
  40. ^ #S1806呉防備戦隊日誌(3)p.45『31日1640呉防戦司令官(略)|一.伊良湖青葉天津風浦風1日0530沖ノ島北上ノ予定入泊針路335度(略)』
  41. ^ #S1806呉防備戦隊日誌(4)p.11『護衛概要|1日|伊良湖、青葉|第二特別掃蕩隊(31kg)入泊航路上|対潜特別掃蕩』-p.48『1日(天候略)|一.青葉伊良湖天津風浦風0630沖ノ島通過北上第三特別掃蕩隊ハ右航路上ノ掃蕩哨戒実施(略)』
  42. ^ a b 歴史群像『太平洋戦史シリーズ 重巡古鷹・青葉型』131頁
  43. ^ 歴史群像『世界の重巡洋艦パーフェクトガイド』
  44. ^ 「軍艦鬼怒フィリピン沖海戦戦闘詳報」第5画像

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C04015583400「軍艦青葉工事予定に関する件」
    • Ref.C04015881700「青葉艤第54号記念写真受領に関する件」
    • Ref.C04015073900 『宣仁親王殿下御発着の件』。
    • Ref.C04015074100 『青葉進水式に於ける儀礼に関する件』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C08030023100 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。
    • Ref.C12122379000 『南東太平洋方面第8方面軍 第17.18軍 第4航空軍 関係電報綴 自昭和18年3月至昭和18年4月(3)』。
    • Ref.C08030368300 『昭和18年6月1日~昭和18年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030368400 『昭和18年6月1日~昭和18年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030579300「昭和19年10月18日~昭和19年10月26日 軍艦鬼怒フィリピン沖海戦戦闘詳報」
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書49 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡Ⅱ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0456-3
  • 堀元美 『造船士官の回想(下)』 朝日ソノラマ文庫、1994年8月。ISBN 4-257-17285-1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 海野十三『赤道南下』(中央公論新社、2003) ISBN 4-12-204233-x
  • 森史朗『暁の珊瑚海』(光人社、2004年) ISBN 4-7698-1228-0
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.44 重巡古鷹・青葉型』(学習研究社、2005年) ISBN 4-05-603323-4
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズ特別編集 世界の重巡洋艦パーフェクトガイド』(学習研究社、2007年) ISBN 4-05-604691-3

関連項目[編集]