海野十三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海野 十三うんの じゅうざまたはうんの じゅうぞう、1897年(明治30年)12月26日 - 1949年(昭和24年)5月17日)は、日本小説家SF作家推理作家漫画家、科学解説家。日本SFの始祖の一人と呼ばれる。本名は佐野 昌一(さの しょういち)。

来歴[編集]

徳島市生まれ。早稲田大学理工科電気工学専攻逓信省電務局電気試験所に勤務しながら、機関紙などに短編探偵小説を発表。

1928年(昭和3年)、雑誌『新青年』から依頼を受け、探偵小説「電気風呂の怪死事件」を発表して本格的文壇デビュー。

太平洋戦争以前には軍事科学小説を量産していたが、開戦後はその方向の作品の発表をやめ、ユーモラスな金博士シリーズ等を執筆。1941年10月、海軍従軍作家として徴用令状が届き、1942年2月11日から3月28日まで当時南方ラバウル方面で活動していた青葉型重巡洋艦青葉」に乗艦する[1]。徴兵検査で第二乙種となり不合格だった海野は、軍艦に乗艦したことに感激[2]。2月21日の妻への手紙に、極めて強い印象を受けたことを記している[3]。健康を害し、4月30日帰国。その後、敗戦に大きな衝撃を受ける。

1946年(昭和21年)2月の友人小栗虫太郎の死が追い打ちをかけ、戦後を失意の内に過ごす。健康を害し、この時期しきりに喀血する。

1949年(昭和24年)5月17日結核のため死去。多磨霊園に葬られた。

人物[編集]

本名の佐野 昌一(さの しょういち)名義で電気関係の解説書や虫食い算の入門書を執筆している。丘 丘十郎(おか おかじゅうろう若しくはきゅうじゅうろう)名で科学小説を執筆しており、また終戦直後は、戦争責任を自ら取るという意味で海野十三名義の使用を一時取りやめ、丘名義で探偵小説を執筆している。 蜆 貝介(しじみ かいすけ)、栗戸 利休(くりと りきゅう)名で科学雑誌に科学解説記事を執筆している。 京 人生(きょう じんせい)名で野球漫画などの漫画を発表している。川柳号の海十斎号で俳句川柳を発表している。

ペンネーム由来として、麻雀が大好きであった彼は「麻雀は運が十」という考えの持ち主であったため、「運が十さ」をもじって海野十三(うんのじゅうさ)としたと伝えられている。しかし、問われるたびに違った答えを話したため、今なお混乱がある。また、なぜ丘 丘十郎(おか おかじゅうろう)名義を使うのかと聞かれたとき、「オカオカしてたもんで…」と答えたと伝えられている。

シャーロック・ホームズをもじって名付けられたとされる帆村荘六を探偵役とする探偵小説の連作でも知られているが、これらの作品もSF的なアイディアを用いた、いわゆるSFミステリに位置づけられるものである。

家は代々、阿波徳島の御典医だった。昭和15年ごろ、『新青年』で「現代の英雄10人を挙げよ」とのアンケートがあり、十三は1から10までアドルフ・ヒトラーを挙げている。敗戦直後、十三は一家自決するつもりで、遺書まで用意していた。延原謙とは早稲田大学電気工学科の先輩後輩で、通信省電気試験所でも十三は延原の後輩だった[4]

徳島市の徳島中央公園には「海野十三文学碑」が建てられている。江戸川乱歩による碑文は、以下のようなものである。

「全人類は科学の恩恵に浴しつつも、同時にまた科学恐怖の夢に脅かされている。恩恵と迫害との二つの面を持つ科学、神と悪魔との反対面を兼ね備えている科学に、われわれはとりつかれている。かくのごとき科学時代に、科学小説がなくていいであろうか」

十三と横溝正史[編集]

十三が『新青年』編集者だった横溝正史と知り合ったのは昭和2、3年頃のことで、当時電気試験所勤めだった十三は本名の「佐野昌一」名で短編探偵小説を発表しており、これを気に入った横溝が、延原謙に頼んで延原の家で紹介してもらってのことだった。さっそく原稿を依頼してでき上がったのが『電気風呂の怪死事件』だった。

この『電気風呂の怪死事件』が校了となり、目次を書く段になって編集者仲間だった渡辺温から、「ええと、電気風呂の作者は誰でしたっけ」と聞かれた横溝は、言下に「佐野昌一だよ」と答えてしまった。ところが十三自身はこの作品で初めて「海野十三」という筆名を用いていたのである。このため、初出版では本文では「海野十三」、目次では「佐野昌一」と、一冊の本で作者の名前が二つになってしまった。

もともと十三の勤め先は内職にうるさい役所ということで、そのための筆名だったのだが、「私のミステークのためにその苦心も水の泡」というわけで、「佐野昌一はけしからん」と役所ではかなり問題になったという。横溝は「相手が海野十三のような温厚な君子だったからよかったようなものの、そうでなかったら私は、こっぴどく怨まれたことだろう」とこの失敗をのちに述懐している[5]

十三は昭和7、8年頃、麻雀の会を持っていて、この会には十三のほかに大下宇陀児延原謙水谷準乾信一郎、横溝らがいた。横溝によると、十三が『新青年』で売り出したのは横溝の他雑誌への転出後だったので、戦前はそれほど深い交わりもなく、「十三が温厚で誠実、思いやりの深い人柄と知っていても、それほど深いつきあいとしては発展していなかった」という。にもかかわらず、昭和8年に横溝が大喀血した際にはわざわざ見舞いに来てくれたという。恐縮した横溝はそのとき、十三に喀血の前歴があることを知ったという。

昭和21年、岡山の片田舎に疎開したきりだった横溝は、ひとづてに所を聞いたからと十三から突然手紙をもらい、ここから両者に日文、夜文が始まった。二人は戦争のことには一切触れず、互いにいたわりあっていたという。昭和23年の春、横溝は息子が東京に進学したにも関わらず、岡山に疎開したまま帰るに家なしで途方に暮れていたが、東京の学校に入ったこの息子が、十三のところへ挨拶に行ったところ、「お父さんに家を買うようすすめなさい」と、タンス貯金の何十万という札束を積んでくれた。この金のおかげで、横溝は成城に家を買うことができた。十三はその翌年に大喀血で急逝した。多磨霊園の十三の墓には石碑もなく、横溝は「私に用立てる金はあっても、自分の石碑にまで手が回らなかったのだろう」と十三を偲んでいる[6]。横溝はこれを後々まで恩に感じ、海野の遺児とも親しくしている。

著書[編集]

  • 爆撃下の帝都 防空小説 空襲葬送曲 博文館 1932
  • 爬蟲館事件 春陽堂 1933.4 (日本小説文庫)
  • 赤外線男 春陽堂 1933.6 (日本小説文庫) のち文庫 
  • 俘囚 探偵小説集 黒白書房 1935
  • 火葬国風景 短篇集 春秋社 1935 
  • 棺桶の花嫁・恐怖の口笛 新鋭大衆小説全集 第10巻 アトリエ社 1937
  • 東京空爆 軍人小説集 ラヂオ科学社 1938
  • 蠅男 ラヂオ科学社 1938
  • 東京要塞 軍事小説集 ラヂオ科學社 1938.4
  • 怪塔王 科学冒険小説 春陽堂 1939
  • 太平洋魔城 大日本雄辯會講談社 1939.11 のち少年倶楽部文庫 
  • 浮かぶ飛行島 大日本雄辯會講談社 1939.1 のち少年倶楽部文庫
  • 人間灰 春陽堂文庫 1940
  • 魔の極東航路 偕成社 1940.11
  • 大空魔艦 偕成社 1940.10
  • 科学冒険地球要塞 偕成社 1941
  • 火星兵団 東京日日新聞社 1941 (少国民文庫
  • 未来の地下戦車長 機械化小説 山海堂 1941
  • パナマ、影に怖びゆ 興亜文化協会 1941
  • 空襲警報 愛国防空小説 博文館 1941.4 (小国民文芸叢書)
  • 荒鷲は死なず ラヂオ科学社 1941.1
  • ペンで征く 日本放送出版協会 1942
  • 英本土上陸戦の前夜 博文館 1942
  • 赤道南下 大日本雄辯會講談社 1942.12 のち中公文庫 
  • 民族凱旋曲 蒼生社 1942.2
  • パプア 北光書房 1944 
  • 栗水兵戰記 大日本雄辯會講談社 1944.8
  • 地球盗難 自由出版 1946
  • ヒルミ夫人の冷蔵鞄 科学小説 静書房 1946
  • 地球盗難 自由出版 1946 (DS選書)
  • 十八時の音樂浴 科學小説集 自由出版 1946.6 のちハヤカワ文庫
  • 地球發狂事件 勞働文化社 1946.10
  • 火星探險 開明社 1946.12
  • 虫喰ひ算大会 / 佐野昌一 力書房 1946
  • 家庭内の電気小工事 / 佐野昌一 力書房 1946 (おはなし電気工学文庫
  • 家庭電気器具の故障と修理 / 佐野昌一 力書房 1946 (おはなし電気工学文庫)
  • 心臟が右にある男 探偵小説 浪速書房 1947.2
  • お話ラジオ原理 / 佐野昌一 ラジオ科学社 1947
  • 僕らのラジオ / 佐野昌一 誠文堂新光社 1947
  • 配電と電気工事の手引 / 佐野昌一 力書房 1947 (おはなし電気工学文庫
  • すぐまにあふ電気学 / 佐野昌一 力書房 1947 
  • 海底都市 日本正学館 1948 (冒険少年文庫)
  • 魔の怪奇船 PHP出版 1948
  • 宇宙怪人 開明社 1948
  • 宇宙探検 偕成社 1948
  • 幽霊放送者 東書房 1948
  • 月光の怪人 青葉書房 1948
  • 月世界探検 至元社 1948
  • 真空管入門 佐野昌一 力書房 1948 (おはなし電気工学文庫
  • すぐまにあふ電気学 佐野昌一 力書房 1948
  • ふしぎ国探検 日本放送出版協会 1949
  • 金属人間 偕成社 1949
  • 電気のはなし 家の光協会 1949 (家の光少年少女文庫)
  • 人造人間博士 八重垣書房 1949
  • 海底魔城 ポプラ社 1950
  • 火星魔 高志書房 1950
  • 美しき鬼 ポプラ社 1950 
  • 深夜の市長 岩谷書店 1950.3 (岩谷選書
  • 海野十三全集 7-8 東光出版社 1951
  • 怪星ガン ポプラ社 1952
  • 透明人間 山王書房 1952 (さくら文庫)
  • 少年探偵長 ポプラ社 1952.11
  • 海底大陸 ポプラ社 1953
  • 怪塔王 ポプラ社 1953.3
  • 爆薬の花篭 東光出版社 1954
  • 怪鳥艇 東光出版社 1954
  • 金属人間 ポプラ社 1954
  • 三十年後の世界 東光出版社 1954
  • 超人間X号 ポプラ社 1954
  • 海野十三傑作集 全3巻 桃源社 1969-70
  • 海野十三敗戦日記 橋本哲男編 講談社 1971 のち中公文庫
  • 海野十三集 全4巻 桃源社 1980
  • 海野十三全集 全13巻別巻2 三一書房 1988-93
  • 海野十三集 リブリオ出版 1997.2 (くらしっくミステリーワールド 第8巻)
  • 海野十三集 2001.6 (ちくま文庫)
  • 海野十三傑作選 全3巻 沖積舎 2002
  • 海野十三戦争小説傑作集 2004.7 (中公文庫)

翻訳[編集]

  • 海底の旅行 ジュール・ベルン 大日本雄弁会講談社 1942
  • まだらの紐 コナン・ドイル 偕成社 1947
  • 影なき男 チェスタートン ポプラ社 1957 (世界名作探偵文庫)
  • 透明人間 ウエルズ ポプラ社 1957 (世界名作探偵文庫)

作品リスト[編集]

少年小説[編集]

長編[編集]

  • 浮かぶ飛行島(『少年倶楽部』 1938年1月-12月)
  • 怪塔王(『東日小学生新聞』 1938年4月8日-12月4日)
  • 太平洋魔城(『少年倶楽部』 1939年1月-12月)
  • 火星兵団(『東日小学生新聞』 1939年9月24日-1940年12月30日)
  • 怪鳥艇(『少年倶楽部』 1940年1月-12月)
  • 地球要塞(『譚海』 1940年8月-1941年2月)

短編[編集]

  • ◯◯獣(『ラジオ子供のテキスト』 1937年9月)
  • 機械化科学小説『電気の池』 1941年 国防科学雑誌『機械化 (雑誌)』 11月臨時増刊号

一般[編集]

一般[編集]

  • 電気風呂の怪死事件(『新青年』 1928年4月)
  • 三人の双生児(『新青年』 1934年9,10月)
  • 深夜の市長(『新青年』 1936年2月-6月)
  • 地球盗難(『ラジオ科学』 1936年)
  • 十八時の音楽浴(『モダン日本』 1937年4月増刊号)
  • 海底大陸
  • 大空魔艦
  • 第五氷河期
  • 地球発狂事件

帆村荘六もの[編集]

  • 麻雀殺人事件(『新青年』1931年5月号)
  • 省線電車の射撃手(『新青年』1931年10月号)
  • ネオン横丁殺人事件(『アサヒグラフ』1931年10月号)
  • 振動魔(『新青年』1931年11月号)
  • 人間灰(『新青年』1931年12月号)
  • 西湖の屍人(『新青年』1932年4月号)
  • 爬虫館事件(『新青年』1932年10月号)
  • 盗まれた脳髄(『雄弁』1933年4~5月号)
  • 赤外線男(『新青年』1933年5月号)
  • 地中魔(『少年倶楽部』1933年7月~12月号)
  • 崩れる鬼影(『科学の日本』1933年7月~12月号)
  • ゴールデン・バット事件(『新青年』1933年10月号)
  • 柿色の紙風船(『新青年』1934年2月号)
  • 点眼器殺人事件(『講談倶楽部』1934年2または3月号)
  • 蝿(『ぷろふいる』1934年2月~9月号)
  • 俘囚(『新青年』1934年6月号)
  • 人間灰(『新青年』1934年12月号)
  • 流線間諜(『つはもの』1934年~1935年頃)
  • 獏鸚(『新青年』1935年5月号)
  • 人造人間事件(『オール読物』1936年12月号)
  • 蠅男(『講談雑誌』1937年1月~10月号)
  • 東京要塞(『サンデー毎日』1938年1月)
  • 暗号数字(『現代』1938年3月号)
  • 街の探偵(『シュピオ』1938年4月号)
  • 怪塔王(『東日本小学生新聞』4月8日~12月4日)
  • 人造人間エフ氏(『ラヂオ子供のテキスト』1939年1月~12月号)
  • 什器破壊業事件(『大洋』1939年9月号)
  • 爆薬の花籠(『少女倶楽部』1940年6月~1941年6月号)
  • 鬼仏洞事件(『講談雑誌』1941年6月号)
  • 宇宙戦隊(『海軍』1944年5月~1945年3月)
  • 鞄らしくない鞄(1947年6月)
  • 千早館の迷路(『ロック増刊 探偵小説傑作選』1947年8月)
  • 断層顔(『探偵よみもの』1947年10月号)
  • 地獄の使者(『自警』1947年1月~1948年1月)
  • 怪星ガン(『冒険少年』1948年1月~1949年3月)

金博士シリーズ[編集]

  • のろのろ砲弾の驚異
  • 人造人間戦車の機密
  • 独本土上陸作戦
  • 今昔ばなし抱合兵団
  • 毒瓦斯発明官
  • 戦時旅行鞄
  • 大使館の始末機関
  • 時限爆弾綺譚
  • 地軸作戦
  • 不沈軍艦の見本
  • 共軛回転弾

烏啼天駆シリーズ[編集]

  • 奇賊は支払う
  • 心臓盗難
  • いもり館
  • 奇賊悲願
  • 鞄らしくない鞄
  • 暗号の役割
  • 剥製動物異変
  • すり替え怪画

ノンフィクション[編集]

  • 赤道南下
  • ペンで征く
  • 南の凱歌
  • 軍艦旗の下に
  • 海野十三敗戦日記
  • 麻雀の遊び方
  • おはなし電気学
  • 虫喰い算大会
  • 私たちの面白い科学
  • 僕らのラジオ

映画化作品[編集]

  • 東京要塞(日活多摩川が映画化、1938年3月15日に封切り。)

海外への翻訳[編集]

中国本土(簡化字)[編集]

  • 三个人的双胞胎 (2009年12月,吉林出版集团有限责任公司)
    • 電気風呂の怪死事件、爬虫館事件、省線電車の射撃手、人間灰、振動魔、俘囚、不思議なる空間断層、時計屋敷の秘密、三人の双生児
  • 地狱使者 (2010年1月,吉林出版集团有限责任公司)
    • ネオン横丁殺人事件、爆薬の花籠、地獄の使者、火葬国風景、十八時の音楽浴
  • 蝇男 (2010年9月,吉林出版集团有限责任公司)
    • 恐怖の口笛、棺桶の花嫁、蠅男
  • 深夜市长 (2011年4月,吉林出版集团有限责任公司)
    • 生きている腸、骸骨館、雷、階段、恐しき通夜、深夜の市長、暗号音盤事件、疑問の金塊

他の作家に与えた影響[編集]

  • 漫画家松本零士は、宇宙戦艦ヤマトの初代艦長に沖田十三という名を付けている。これは松本が海野作品のファンであったためだが、これを「じゅうぞう」と読むと思っていたため、そのまま付けた、と語っている。

脚注[編集]

  1. ^ 海野『赤道南下』309頁
  2. ^ 海野『赤道南下』130頁
  3. ^ 海野『赤道南下』309-310頁
  4. ^ 『海野十三と敗戦日記』(横溝正史、朝日新聞、昭和47年12月18日)
  5. ^ 『誤植奇談』(横溝正史、東京新聞 昭和28年10月10日)
  6. ^ 『海野十三と敗戦日記』(横溝正史、朝日新聞、昭和47年12月18日)

関連人物[編集]

外部リンク[編集]