小松崎茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家イラストレーターである。空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。

略歴[編集]

日本画~少年誌での活躍[編集]

小松崎は東京の南千住で生まれ、青年期には日本画家を志望し花鳥画堀田秀叢(ほったしゅうそう)に学ぶ。しかし、転じて秀叢の弟弟子の画家・小林秀恒の下で挿絵画家の道を歩むことになる。1938年に「小樽新聞」に連載の悟道軒圓玉の講談小説『白狐綺談』の挿絵でデビューし(筆名は「恒方」)、翌年には科学雑誌『機械化』の挿絵で、戦争物や空想科学を題材にした絵を描き評判になる。本名のほか「三村武」「最上三郎」といった筆名を使い分けるなどして『機械化』誌上を賑わせた。

第二次世界大戦ごろには小松崎の描く挿絵は俄然注目されるようになり、少国民向け雑誌に戦記小説の挿絵や、軍艦戦車飛行機などの戦争イラストを数多く発表する。1945年東京大空襲で生家は全焼し、それまでの資料やスケッチも灰になった。

敗戦後の復興期、進駐軍に群がる子供達の姿を痛々しく思い涙を流したという小松崎は、自分の絵で子供達を励ます事は出来ないかと考えるようになり、作品作りもより精力的に行うようになる。少年誌向けに表紙や挿絵を数多くの雑誌に描き続け、掲載された空想科学イラストは当時の少年達に、未知なるものへの想像力をかき立て人気を博した。

1948年に子供向けの絵物語ブームが起こり、SF冒険活劇物語『地球SOS』が少年画報社の月刊誌「冒険活劇文庫」(後に「少年画報」へ改題)で作画連載(1948-1951年)され、山川惣治と人気を二分した。以後、『大平原児』『平原王』『第二の地球』など西部劇物語もの、科学冒険ものと幅広く執筆し大活躍する。当時娯楽に飢えていた少年少女らはまさに、映画を観るように物語と挿絵に魅せられた。当時の小松崎人気は凄まじく、幾つもの雑誌に掛け持ちで連載や口絵の仕事を抱え、寝る間もない程多忙な日々を送った。

1950年代半ばを境に絵物語人気は漫画に押され凋落していったが、1960年代には戦争を知らない世代の子供達の間で戦記ブームが巻き起こり、各少年誌で戦記漫画、読み物が人気となった。これを受けて小松崎は、得意分野の緻密なメカイラストを様々な媒体で披露、多忙な日々は続いた。

1990年に発行された画集には石ノ森章太郎ちばてつや川崎のぼる松本零士といった名だたる漫画家達が賛辞の声を載せており、小松崎の絵物語を大いに愛読し、影響を受けたといった言葉が述べられている。藤子不二雄Ⓐに至っては、ペンネームを「小松原滋」にしてサインも真似した程であったという。あまり語られないが、小松崎がのちの漫画界に与えた影響は非常に大きかったと言える。

プラモデルの「箱絵」ヒットメーカー[編集]

小松崎の名声が後世も不動のものとなった要因に、プラモデルなどのボックスアート(箱絵・パッケージアートとも言われる)などに使用されるイメージ・イラストを多く手がけたことが挙げられる。主に1960年代から1970年代にかけてプラスチック製の子供向け玩具が主流となり、プラモデルが飛躍的に製造・普及し始めた頃である。プラモデルメーカーとして艦船・戦車を手がけるタミヤサンダーバード今井科学、1/76戦車模型の日東科学、1970年代のロボットアニメバンダイなど模型業界の各社から彼は依頼を受けた。描かれたイラスト作品は各メーカーの要望に合致し、なおかつさらに上回る魅力と迫力があった。戦前からのイラストレーターとして、第一次プラモデルブームに貢献した第一人者となる。

1961年当時、タミヤが多額の金型開発費を投入して社運をかけたモーターライズ戦車プラモデル「パンサータンク」を制作。そこでプラモデルを販売する際の最大のアピールポイントである箱絵が小松崎に依頼され、タミヤの経営状況を知った小松崎は多忙であるにもかかわらず快諾した。彼の描く「パンサータンク」は、硝煙やオイルの匂いさえ漂うような迫力溢れる箱絵で発売された。よく走る戦車プラモと小松崎の画力で製品はヒット商品となり、その後のタミヤの経営が軌道に乗るきっかけとなった。現在パンサータンクの原画はタミヤ本社の金庫に厳重に保管されている。以後しばらくは、タミヤを中心としたボックスアートを描き続け(1961-1972年)初期の「タミヤ」ブランドのイメージ作りに貢献した。のちに弟子筋に当たる高荷義之上田信もタミヤの箱絵を手がける事になる。またタミヤには小松崎の紹介で優秀な人材が入社している。1963年には当時、柏市内で模型店主として小松崎邸に出入りしていた橋本健次郎が入社し、後に零戦52型の設計を担当、模型愛好家から絶賛される。翌1964年には小松崎の遠縁に当たる長倉大陸が入社し、後にミニ四駆ブームの立役者となった。1966年、タミヤでは社内でイラストレーターを養成する必要に迫られていた所、小松崎の弟子に当たる大西将美が入社し筆を振るった。白地の背景に大西の精密なイラストが載った箱絵は、「ホワイトパッケージ」と呼ばれ親しまれた。

その後今井科学も「小松崎メカニカルアート」に着目した。当時のテレビ放映で話題だったサンダーバードのキャラクタープラモデルを製品化するにあたり、箱絵を託すべく小松崎の弟子の高荷義之に仲介を依頼し、小松崎の了解を得て描かれた。基地から飛び立つ迫力ある箱絵は、1967年に発売された「サンダーバード2号」を空前の大ヒット・ブームをにする原動力となった。サンダーバードはシリーズ化され、殆どのボックスアートを小松崎が引き受けている。主役メカ以外のボックスアートにも必ず「サンダーバード2号」は描いて欲しいと今井科学の要望を受け入れ、すべての箱絵にそれが描き込まれた。当時の今井科学の1968年度売上げ目標20億を上回る26億円を達成するほどに人気を博した結果、他のメーカーからも作画依頼が殺到することとなった。

箱絵の背景を消されたプラモデル[編集]

1970年以降、日本のプラモデル産業の成長に伴い、世界各国での需要がある戦車飛行機艦船模型輸出も活発に行われるようになった。それに伴い精密さを増した箱絵の背景に描かれた「箱に入っていない物」は誤解を招き、輸出の障害となることが問題視される。輸出に力を入れ始めたタミヤでは、「背景には製品に含まれないアイテムは描かないこと」を依頼先の画家・イラストレーターらに通達した。主な輸出先のアメリカの消費者団体に配慮ということである。商品イメージを膨らませるダイナミックで「ドラマチックな背景・構図」小松崎路線から、「精密な資料性の高い箱絵」への転換が始まる。タミヤでの箱絵の仕事は1971年、1/700ウォーターラインシリーズの駆逐艦が最後となった。以後、国内市場が主力の模型メーカー日東科学などの戦車AFVや、キャラクター・トイ向けのバンダイからの仕事が増え、アニメ・特撮物など小松崎の得意とする動きのある構図・背景を生かした箱絵を手がけた。

生涯現役[編集]

小松崎はジャンルに囚われず次々と新趣向の作品を輩出し続け、晩年になっても筆を置くこともなくMIX-UP・CDジャケットやPlayStation 2メタルギアソリッド2限定版付属冊子内イラスト(これが商業イラストとしては最後の作品となった)など多方面に活躍した。

1995年1月に愛犬用の暖房からの出火が原因で自宅兼作業場が全焼、数万点に及ぶ作品と膨大な資料を焼失したものの「絵はまた描けばよい」と力強い創作意欲を見せ周囲を驚かせた。

晩年は足腰こそ弱っていたが語り口は明瞭であり、インタビューを受けると2時間以上延々と喋り続け、ズボンタバコの灰を落とすくせがあるのでいつも穴だらけなのも一向に気にせず、相手にはおかまいなく自分が入れたコーヒーを何杯もふるまうという、パワフルで人懐っこく不思議なキャラクターの持ち主だった。

兵器イラストを数多く手掛けたため「軍国主義的」と批判されることもあったが、彼自身は兵器の機能美・造形美を愛していた。何より戦争体験者として戦争を忌み嫌い、一貫して反戦と平和を訴え続けていた。

2001年12月、心不全で死去。享年86。

アニメ化された原作作品[編集]

Project BLUE 地球SOS
近年の小松崎作品再評価の流れで、2006年7月小松崎作品の原点『地球SOS』がアニメ化された。『Project BLUE 地球SOS』の題名で、小松崎のメカデザイン・物語の世界観は現代風にリメイクされている。AT-Xで6話放送され、DVDも発売された。更に翌年には地上波でも放送されている(この時は各話を前後編に分割して放送)。

映画化された小松崎メカデザイン[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤秀明、柿沼秀樹共同編集『サンダーバード・プラモデル大全』 双葉社 ISBN 4-575-29893-X
  • 田宮俊作『田宮模型の仕事』 文庫本 文春ネスコ ISBN 4167257033
  • 小松崎茂『地球SOS-超特作科学冒険物語』 双葉社 ISBN 4575294845
  • 根本圭助『異能の画家 小松崎茂-その人と画業のすべて』 光人社 ISBN 4769822766
  • 平野克己編『小松崎茂 プラモデル・パッケージの世界』 大日本絵画刊 1999年5月発行 ISBN 4499226961
  • 根本圭助編『小松崎茂の世界 ロマンとの遭遇』 国書刊行会 1990年発行/2006年新装版発行 ISBN 4336047545
  • 加藤智『小松崎茂 バンダイボックスアートコレクション』 トイズワークス 2009年発行 ISBN 4546098012748
  • 小松崎茂『メカニック・ファンタジー 小松崎茂の世界』 集英社 1982年発行 ISBN 00715320173041
  • 小松崎茂『【新装特別限定版】SFメカニック・ファンタジー 小松崎茂の世界』 ラピュータ 2010年1月発行 ISBN 9784947752932

関連項目[編集]

外部リンク[編集]