山川惣治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山川 惣治(やまかわ そうじ、1908年2月28日 - 1992年12月17日)は主に昭和20年代(1945年から1954年)から昭和30年代(1955年から1964年)に活躍した絵物語作家

来歴[編集]

福島県郡山市生まれ。戦前より紙芝居作家として、戦後は絵物語作家として多くの作品を発表した。

戦前に紙芝居として描いていた『少年王者』を戦後の1947年に絵物語として単行本で描き下ろしたところ大ヒット。小学館の娯楽部門だった集英社は『少年王者』によって経営の礎を築き、集英社は『少年王者』を看板作品として『おもしろブック』を創刊した。山川惣治は小松崎茂福島鉄次らと共に、戦後1950年代前半の月刊少年雑誌の絵物語ブームを牽引する絵物語作家の代表格として活躍した。

1949年から『漫画少年』で連載した『ノックアウトQ』は、少年時代に親友だったボクサー木村久をモデルにし、梶原一騎が少年時代に感化院でを読んで感動した体験が、ボクシング漫画『あしたのジョー』の原作を引き受けた背景になっている[1]

特に1951年より産業経済新聞(産経新聞)にて連載された『少年ケニヤ』は大きなブームを呼び、後に漫画・ラジオ・テレビ・アニメ・映画化された。

1954年には長者番付で画家部門の1位になるが、絵物語は1950年代後半になるとコマ割り漫画の人気にとって代わられて人気が退潮。山川は絵物語の復権の夢をかけて、1967年にタイガー書房を設立して、8月から絵物語雑誌『ワイルド』を創刊するが、1968年に廃刊し、タイガー書房も倒産して、山川は財産を失う。

この後、山川惣治は第一線を退いて、横浜市でドルフィンというレストランを経営して過ごすようになる。ちなみに、このドルフィンは、荒井由実(現・松任谷由実)の初期の曲「海を見ていた午後」で、”山手のドルフィンは、静かなレストラン。晴れた午後には、遠く三浦岬も見える”と歌われたことでも知られている。

1984年角川書店が『少年ケニヤ』をアニメ映画化することになり、1983年から『少年ケニヤ』をはじめとする山川惣治作品が角川文庫化され、15年ぶりに新作『十三妹』も発表。これが最後の絵物語となった。

主な絵物語作品[編集]

  • 『少年王者』
  • 『銀星』
  • 『ジャングル少年』
  • 『鉄のみち』
  • 少年ケニヤ
  • 『豹少年』
  • 『ノックアウトQ』
  • 『虎の人』
  • 『燃えるアリゾナ』
  • 『魔獸トルーガ』
  • 『サーカスボーイ』
  • 『海のサブー』
  • 『幽霊牧場』
  • 『怪人シムーン』(砂漠とピラミッド)
  • 『小さなミル子』
  • 『荒野の少年』
  • 『象少年』
  • 『山の子トマ』
  • 『豪勇金時』
  • 『ジャングル巨人』
  • 『白象姫』
  • 『ゴリラ・ボンゴ』
  • 『前世紀少年サピン』
  • 『中野源治の冒険』
  • 『少年タイガー』
  • 『嵐源平』
  • 『レトロと巨象』
  • 『山の荒太郎』
  • 『ケニヤのひとみ』
  • 『西遊記』
  • 『こうもり小太郎』
  • 『白鯨』
  • 『爆弾サーカス』
  • 『少年ウルフ』
  • 『新少年王者』
  • 『嵐雲児新九郎』
  • 『柔道山脈』
  • 『海底の古寺』
  • 『少年フラッシュ』
  • 『少年エース』『続・少年エース』
  • 『暗黒大陸の光』
  • 『魔のサク・タイガー』
  • 『ぽちとライオン』
  • 『少年イーグル』
  • 『密林の叫び』
  • 『ポール・バニアンのぼうけん』
  • 『少年バブーン』
  • 『ペイコス・ビルのぼうけん』
  • 『密林の王者(第一話)』
  • 『少年恐竜』
  • 『ハヤワサのぼうけん』
  • 『少年信長』
  • 『たいようの子オキクルミ』
  • 『そんごくう』
  • 『少年シャーク』
  • 『ジャングルのけっとう』
  • 『太郎のぼうけん』
  • 『太陽の子サンナイン』
  • 『少年パゴダ』
  • 『ロングのぼうけん』
  • 『進めビリー』
  • 『月の山脈』
  • 『黄金の地底怪人』
  • 『走れサランガ』
  • 『アステカ』
  • 『密林の冒険児トレーダ・ホーン』
  • 『御次男捕物帖・雪女』
  • 『少年バーバリアン』
  • 『狼王ロボ』
  • 『指輪』
  • 『きょうりゅうじま』
  • 十三妹
  • 『荒野の少年』 - 後に川崎のぼるが『荒野の少年イサム』として漫画化。同作はテレビアニメ化された。
  • 太郎の冒険旅行』 - 挿絵のみ担当(原作は戸川幸夫)。国際情報社『こども科学館』シリーズにて連載。

参考文献[編集]

  • 三谷薫、中村圭子編『山川惣治 「少年王者」「少年ケニヤ」の絵物語作家』河出書房新社、2008年

出典[編集]

  1. ^ 梶原一騎『劇画一代』毎日新聞社、1979年、p.20。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]