少年ケニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

少年ケニヤ』(しょうねんケニヤ)は山川惣治作の絵物語。および、それを原作とした派生作品。

概要[編集]

アフリカケニアを舞台に、孤児になった日本人少年ワタルが仲間のマサイ族の酋長やジャングルの動物たちと冒険をする物語。1951年10月7日から1955年10月4日まで『産業経済新聞』(現:産経新聞)に連載されていた。『少年ケニヤ』は大人気となり、映画化、テレビドラマ化、漫画化、アニメ映画化なども行われた。その人気ぶりに『少年ケニヤ』は週1回の掲載から毎日の連載になり、『産業経済新聞』が一時は『ケニヤ新聞』と言われたほどだったという。山川惣治にとっては『少年王者』に次ぐ大ヒット作品であり、代表作ともなった。1984年角川書店がアニメ映画化した際には1983年から角川文庫でリバイバルされて、全20巻が復刊された[1]

公式には日本文化輸入が禁じられていた1950年代韓国でも、海賊版の形で出版されて人気を博した[2]

ストーリー[編集]

1941年12月、日本は真珠湾を攻撃。米英と交戦状態に入った。日本の商社マンとして英国植民地のケニヤに駐在している村上大介と10歳になる息子のワタルは捕まるのを恐れ自動車で奥地へと逃れた。

ラジオドラマ[編集]

1953年より文化放送でラジオドラマが放送される[3]

主題歌「少年ケニヤの歌」は山川惣治が作詞。

映画[編集]

1954年10月13日に南旺映画制作の白黒映画が大映配給にて公開される。主演の伊藤喜一とケイト役の上田道子は一般公募から選出された[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

少年ケニヤ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜18:15 - 18:45(30分)
放送期間 1961年5月4日 - 1962年2月8日(41回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET
監督 仲木睦
原作 山川惣治
出演者 山川ワタル
テンプレートを表示

1961年5月4日から1962年2月8日までNET(現:テレビ朝日系)で放送。モノクロ作品。放送時間は木曜日18時15分 - 18時45分。四部作、全41話[5][6]

ナショナルキッド』の後番組として放送された。提供は『ナショナルキッド』と同じく松下電器一社。 原作と異なり本作の時代設定は昭和36年で、村上大介も原子力科学者で、国際アフリカ資源調査団の一員と改められた[5][6]

東映チャンネルにて第1話が何度か放送されているが、第2話以降が放送されたことはない。この第1話のオープニングは、話数不明の別の回のものが使用され、本来のものとは異なる。本来の第1話のオープニングは、東映ビデオから発売されたビデオ・LD・DVD『東映TV特撮主題歌大全集1』に収録されている。

1990年頃にはTBS『テレビ探偵団』にて最終回の映像が放送されたことがある。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:仲木睦
  • 企画:中井義
  • 構成・脚本:松浦健郎
  • 脚本:朝島靖之助
  • 撮影:中町武
  • 照明:吉岡伝吉
  • 録音:大家忠男
  • 美術:有隅徳重
  • 助監督:柳生六弥
  • 特殊撮影:常田弘之
  • 編集:山口一喜
  • 記録:小橋菜菜
  • 進行:竹内源三郎
  • 音楽:いずみたく
  • 主題歌:「少年ケニヤの歌」「父を探して」
    • 作詞:井田誠一、作曲:いずみたく、歌:ビクター児童合唱団
NET(現:テレビ朝日) 木曜18:15 - 18:45枠
前番組 番組名 次番組
少年ケニヤ
単発番組
(1962年2月~3月)

歌のペナントレース

漫画[編集]

週刊少年サンデー』にて1961年14号 - 1962年15号の間、連載される。画は石川球太が担当。

アニメ映画[編集]

1984年3月10日に、『幻魔大戦』に続く角川映画製作のアニメ第二作として公開される。原作者の山川自身がオープニングとラストシーンの実写映像に出演した。

監督にはこれまでに角川映画で3作品を監督して来た実写畑の大林宣彦が起用され、大林は商業用アニメ映画でありながら、さまざまな実験的・前衛的な手法を取り入れた[7]

さらに大林は「アマチュアの感性も取り入れたい」とも発案し、アニメーターが一般公募され、これにまだ高校生だったうるし原智志細田守らが合格。細田は不参加だったものの、実際にうるし原がアニメーターとして作画に参加している[8][9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:角川春樹今田智憲
  • 監督:大林宣彦
  • 共同監督:今沢哲男
  • 脚本:桂千穂内藤誠、剣持亘
  • 音楽:宇崎竜童
  • 主題歌:渡辺典子「少年ケニヤ」
  • アニメーション制作:東映動画
  • 撮影監督:福井政利
  • 美術監督:田中資幸 
  • 作画監督:我妻宏
  • 作画助監督:金山明博
  • 製作担当:関良宏
  • 作画監督補佐:青山充
  • 原画:須田正己、森利夫、荒木伸吾、山口泰弘、北原健雄、高橋信也、的場茂夫、田辺由憲、青鉢芳伸、及川博史、横山健次、星川信芳、姫野美智、高橋昇、山本福雄、敷島博英、堀川留子、金山圭子
  • 動画チェッカ-:石山緒、武井恒雄
  • 動画:薄田嘉信、矢地久子、板野隆雄、岡田潤、山田みよ、岡安敏子、河内由美、丹伊田静、服部照子、上杉千佳子、木野達児、太田久美子、小曽根陽子、川崎由美子、杉山典子、高橋留子、長縄宏美、沖本日出子、木村まゆみ、松倉理恵子、植木貴子、岩上久仁子、上野茂々子、三谷節子、松村啓子、川端良子、上田逓子、北野由美子、小林美加子、高田和子、深谷米子、黒見妙子、小林幸子、多田雅治、松田直美、立仙裕俊、鈴木弥生、石丸賢一、桜井優、加藤洋人、武藤裕治、山根正久、芹田明男、鮑智行、河野宏之、古谷浩美、加々美高浩、谷平久美子、村山茂樹、禅林秀吉、北尾勝、本多美代、森田奈苗、山本治代、服部圭一郎、井手武生、新井浩二、安藤正浩、中鶴勝祥、濱洲英喜、本多美代、鈴木康之、山田真紀、船美浩、小沼克介、古沢英明、林敏夫、森本知枝、森田幹夫
  • 原画レイアウト:伊藤英治
  • 背景:小林祐子、沢田隆夫、海老沢一男、有川知子、小笠原ゑつ子、松本建治、池田祐二
  • ゼログラフ:戸塚友子、高橋章、酒井日出子、野中八重子
  • トレ-ス:入江美帆子、五十嵐令子、黒沢和子、奥西紀美代、板野園江

出典[編集]

  1. ^ 三谷薫、中村圭子編『山川惣治 「少年王者」「少年ケニヤ」の絵物語作家』河出書房新社、2008年、pp.4,72-83。
  2. ^ 山中千恵「『ドラゴンボール』と出会った韓国――暴力的で扇情的な他者としてのマンガ」『マンガのなかの<他者>』伊藤公雄編、臨川書店、2008年、p.101.
  3. ^ 番組史 文化放送公式サイト内
  4. ^ 「宇宙船」VOL・10 、1982年、 朝日ソノラマ。
  5. ^ a b 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、PP.64 - 65。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  6. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、52頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  7. ^ 小黒祐一郎「アニメ様365日 第186回『少年ケニヤ』」WEBアニメスタイル 2009年8月11日
  8. ^ 『マイアニメ』1983年12月号、秋田書店。
  9. ^ タライふゆ 「初心者のためのホソダマモル入門・その3」 WEBアニメスタイル 2006年6月19日

外部リンク[編集]