夕月 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yuzuki.jpg
艦歴
建造所 藤永田造船所
起工 1926年11月27日
進水 1927年3月4日
竣工 1927年7月25日(第三十四号駆逐艦)
喪失 1944年12月23日
除籍 1945年1月20日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、常備:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.92m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,500海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm単装砲4門
留式7.7mm機銃2挺
61cm3連装魚雷発射管2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷投射器
爆雷12個

夕月(ゆうづき)は日本海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の12番艦で同型の最終艦。

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。藤永田造船所で建造され1927年(昭和2年)7月25日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第三十四号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別され、1928年(昭和3年)8月1日に「夕月」と改名された。

1937年(昭和12年)からの支那事変により中支、南支方面に進出する。また仏印進駐作戦に参加した。

太平洋戦争開戦時は第1航空艦隊第2航空戦隊第23駆逐隊に所属していた。緒戦はグアム島攻略作戦の船団護衛に従事する。その後、ラバウル方面、ラエサラモアの各攻略作戦に参加した。更にツラギ攻略作戦に参加したが同地で爆撃を受け損傷した。その後もラバウル方面で船団護衛に従事、8月以降は南海洋方面での船団護衛に従事した

1944年(昭和19年)9月以降は内地高雄間の船団護衛に従事、11月23日に呉港を出港しマニラへ向かった。

同年12月9日にマニラを出港し第9次多号作戦に参加した。しかし、途中で空襲により輸送船2隻が沈没。船団を率いる澤村成二大佐は部隊を2分し、夕月と駆逐艦、第140号輸送艦、第159号輸送艦の4隻でオルモック湾へと向かった[1]。オルモック湾に到着すると輸送艦は揚陸場所へと向かった。駆逐艦2隻は湾内を哨戒し、接近してきた駆逐艦コールドウェルを砲撃で撃退したが次いで駆逐艦カグランなどからの砲撃を受けて湾外へと退避した[2]。湾外へ出た後夕月と桐はパロンポンへ向かったが、途中で夕月は桐と別れてオルモック湾に引き返した[3]。夕月は湾内で第140号輸送艦と合流して湾外に退避、途中で桐とも合流してマニラへ向かった[4]。だが、その途中の13日にシブヤン海F-4Uコルセア60機の水平爆撃を受け航行不能となり、「桐」の砲撃により処分された[5]1945年(昭和20年)1月20日除籍。

本艦を最後に睦月型駆逐艦は全て戦没した。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 穂本繁治 中佐:1927年2月15日 -

艦長[編集]

  1. 穂本繁治 中佐:1927年7月25日 -
  2. 境澄信 中佐:1928年12月10日 -
  3. 勝野実 少佐:1930年3月8日 - ※「望月」艦長兼務(1931年1月8日-4月1日、1931年9月5日 -)
  4. 森下信衛 少佐:1931年12月1日 -
  5. 伊集院松治 少佐:1933年11月1日 - 1934年11月1日
  6. 脇田喜一郎 少佐:1935年10月31日 -
  7. 大田春男 少佐:1936年11月12日 -
  8. 藤田勇 少佐:1937年6月1日 - 1938年11月25日
  9. (兼)作間英邇 少佐:1939年3月18日 -[6]
  10. 竹内一 少佐:1940年10月15日 -
  11. 橘広太 少佐:1941年9月15日 - 1942年5月4日戦死[7]
  12. 森幸吉 少佐:1942年5月15日 -
  13. 小山田正一 大尉:1942年7月10日 -
  14. 松本正平 少佐:1943年10月20日 -

脚注[編集]

  1. ^ 地獄の海、116ページ
  2. ^ 地獄の海、118-121ページ
  3. ^ 地獄の海、123、128ページ
  4. ^ 地獄の海、131-132ページ
  5. ^ 『艦長たちの太平洋戦争 続編』p141-142。
  6. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による
  7. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』では1941年9月12日着任

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続篇』(光人社、1984年) ISBN 4-7698-0231-5
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 『日本海軍人事手帳(?)』
  • 岸見勇美、『地獄の海 レイテ多号作戦の悲劇』、光人社、2004年、ISBN 4-7698-1172-1