三川軍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三川軍一
1888年8月29日 - 1981年2月25日
Gunichi Mikawa.jpg
生誕 広島県
軍歴 1910 - 1945
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

三川 軍一(みかわ ぐんいち、1888年8月29日 - 1981年2月25日)は、大日本帝国海軍の軍人。最終階級は海軍中将広島県出身。

経歴[編集]

広島一中を経て、海軍兵学校38期卒業。1929年から国際連盟海軍代表随員、フランス大使館付武官としてフランスに駐在する。帰国後は重巡青葉、重巡鳥海、戦艦霧島の艦長を歴任し、1936年第二艦隊参謀長に着任する。

大東亜戦争開戦時は第三戦隊司令官として、真珠湾攻撃ミッドウェー海戦などの主要な海戦に参加。1942年7月に第八艦隊司令長官に着任、第一次ソロモン海戦を指揮し、勝利を収める。

その後、航海学校長、第二南遣艦隊司令長官、南西方面艦隊司令長官、第十三航空艦隊司令長官、第三南遣艦隊司令長官を歴任、1945年5月に予備役に編入された。

真珠湾攻撃の際には、第三次攻撃の必要性を意見具申するなど、的確な状況判断を見せた一方、第一次ソロモン海戦で敵重巡洋艦を撃破(撃沈四隻、大破一隻)の戦果を挙げながら、敵輸送船団を見逃し反転したことから、現在でも評価の分かれる提督である。

年譜[編集]

  • 1910年7月 - 海軍兵学校卒業(38期)
  • 1913年12月 海軍中尉に進級・水雷学校普通科学生
  • 1914年5月 砲術学校普通科学生
  • 1916年 - 海軍大尉に進級、海軍大学校乙種学生(航海)
  • 1917年5月 海軍大学校専修学生
  • 1918年3月 - フランスに派遣される
  • 1922年12月 - 海軍少佐へ進級
  • 1924年11月 - 海軍大学卒業(甲種22期)
  • 1928年12月 - 再度フランスに派遣後、国際連盟海軍代表随員(1929)
    • フランス大使館付武官(1930)を歴任
  • 1930年12月 - 海軍大佐へ進級
  • 1931年12月1日 - 海軍兵学校教頭に就任
  • 1936年12月1日 - 海軍少将へ進級、第二艦隊参謀長に就任
  • 1937年11月15日 - 軍令部第二部長に就任
  • 1939年11月15日 - 第七戦隊司令官に就任
  • 1940年11月1日 - 第五戦隊司令官に就任
  • 1940年11月15日 - 海軍中将へ進級
  • 1941年9月6日 - 第三戦隊司令官に就任
  • 1941年12月8日 - 真珠湾攻撃に参加
  • 1942年1月20日~22日 ラバウル・カビエン攻略支援に参加
  • 1942年3月 ジャワ海掃討戦に参加
  • 1942年4月 インド洋作戦セイロン沖海戦に参加
  • 1942年6月5日~7日 - ミッドウェー海戦に参加
  • 1942年7月14日 - 第八艦隊司令長官に就任
  • 1942年8月 - 第一次ソロモン海戦に参加
  • 1942年11月12日~15日 - 第三次ソロモン海戦に参加
  • 1943年4月20日 - 航海学校校長に就任
  • 1943年9月3日 - 第二南遣艦隊司令長官に就任
  • 1944年6月 - 南西方面艦隊司令長官兼第13航空艦隊司令長官に就任
  • 1944年8月 - 第三南遣艦隊司令長官に就任
  • 1944年11月1日 - 軍令部出仕
  • 1944年12月 - 「S事件調査委員会」(空母信濃が米潜水艦アーチャーフィッシュの雷撃に撃沈された件)委員長
  • 1945年1月 - 待命
  • 1945年5月21日 - 予備役編入

乗艦歴[編集]

関連書籍[編集]

  • 米軍が記録したガダルカナルの戦い/平塚柾緒/草思社(1995年10月)

関連項目[編集]