阿蘇 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1 等巡洋艦「阿蘇」。
艦歴
発注:
起工: 1899年3月
進水: 1900年6月12日
就役: 1902年12月
除籍: 1931年4月1日
その後: 1932年8月8日標的艦として処分
性能諸元
排水量: 常備:7,726t
全長: 135.6m
全幅: 17.4m
吃水: 6.7m
機関: 2軸レシプロ26缶 16,500ihp
燃料: 石炭 1,100t
最大速: 21ノット
航続距離: 7,000海里(10ノット時)
兵員: 570名
装甲: 水線帯: 100-200mm
砲塔: 88-170mm
砲廓ロシア語版: 80mm
甲板: 25-50mm
兵装: 45口径20.3cm単装速射砲2基
45口径15.2cm単装速射砲8基
7.6cm単装速射砲16基
45.7cm水中魚雷発射管2門

「阿蘇」(あそ)は、日本海軍の保有した装甲巡洋艦である。正式には、 1 等巡洋艦に分類された。元はロシア帝国の 1 等巡洋艦「バヤーン」であり、日露戦争中に日本に鹵獲された。天皇に奏聞した候補艦名に「熊野」および「生野」があった[1]

艦歴[編集]

1908年舞鶴港にて撮影された「阿蘇」。

フランス、ラ・セーヌのフォルジ・エ・シャンティエ・ドゥラ・メディテラネ造船会社で起工。ロシア帝国海軍太平洋艦隊に編入される。

1904年7月27日、戦艦レトヴィザン、巡洋艦パルラーダ、アスコリドとともに出撃し大河湾へ進出して日本軍陣地を砲撃[2]。日本の巡洋艦日進および春日との砲戦後旅順に帰還したが、その際にバヤーンは触雷、損傷[3]。 そのため8月10日黄海海戦には参加していない。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 石井義太郎 大佐:1907年10月15日 - 1909年10月1日
  • 佐藤鉄太郎 大佐:1909年10月1日 - 1910年9月26日
  • (兼)笠間直 大佐:1910年12月1日 - 12月17日
  • 中島市太郎 大佐:1911年4月1日 - 1912年5月22日
  • (兼)広瀬順太郎 大佐:1912年9月27日 - 12月1日
  • 榊原忠三郎 大佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 小山田仲之丞 大佐:1913年12月1日 - 1915年10月1日
  • 有馬純位 大佐:1915年10月1日 - 12月13日
  • 桑島省三 中佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 花房太郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 大見丙子郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年6月1日[4]
  • 中川寛 大佐:1918年6月1日[4] - 1918年11月10日[5]
  • 井手元治 大佐:1918年11月10日 - 1919年11月20日
  • 小泉親治 大佐:1919年11月20日 - 1920年11月20日
  • 森本兎久身 大佐:1920年11月20日 - 1922年7月1日[6]
  • 七田今朝一 大佐:1922年7月1日 - 11月10日
  • 徳田伊之助 大佐:1923年7月20日 - 1924年5月7日
  • 高橋三吉 大佐:1924年5月7日 - 11月10日
  • 山口延一 大佐:1924年11月10日 - 1925年11月20日
  • 畔柳三男三 大佐:1925年11月20日 - 1926年11月15日
  • (兼)清宮善高 大佐:1926年12月1日[7] - 1927年1月10日[8]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明治38年8月10日付 海軍大臣官房発行 官房第3040号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C06091630000 で閲覧可能。
  2. ^ 日露旅順海戦史、139-140ページ
  3. ^ 日露旅順海戦史、140-141ページ
  4. ^ a b 『官報』第1749号、大正7年6月3日。
  5. ^ 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  6. ^ 『官報』第2975号、大正11年7月3日。
  7. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  8. ^ 『官報』第9号、昭和2年1月11日。

参考文献[編集]

  • 真鍋重忠、『日露旅順海戦史』、吉川弘文館、1985年、ISBN 4-642-07251-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]