パルラーダ (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese cruiser Tsugaru in 1918.jpg
艦歴
発注
起工 1897年6月4日
進水 1899年8月26日
竣工 1901年11月2日露・パルラーダ
就役 1905年8月22日、日本海軍籍に編入
除籍 1922年4月1日
その後 1924年5月27日横須賀猿島沖で爆撃標的として撃沈処分
性能諸元 (1920年、津軽)
排水量 常備:6,630トン
全長 121.01m (397ft)
全幅 16.76m (55ft)
吃水 6.4m (21ft)
機関 ベルビール式石炭専焼缶24基
直立3気筒3段膨張レシプロ3基
3軸 11,610馬力
速力 20.0ノット
航続距離 不明
燃料 石炭 989トン
乗員 514名
装甲
兵装 40口径安式15cm単装砲 5門
40口径四一式8cm単装砲 10門
麻式6.5mm機銃1挺
4号機雷400個[1]

パルラーダ[2]パラーダ[3]ロシア語:Палладаパルラーダまたはパラーダ)は、ロシア帝国海軍のパルラーダ級防護巡洋艦である。ロシア太平洋艦隊の1 艦として日露戦争に従軍するも日本軍によって捕獲、日露戦争後に戦利艦津軽として大日本帝国海軍に編入され、第一次世界大戦にも従軍している。

艦名はローマ神話の知恵の女神パラスのロシア語読みである。

艦歴[編集]

パルラーダ[編集]

津軽[編集]

  • 1905年(明治38年)1月1日 旅順港を接収した日本軍により捕獲。
    • 8月12日、浮揚。
    • 8月22日、日本海軍籍に編入。二等巡洋艦「津軽」となる。艦名は「津軽海峡」による。
  • 1908年(明治41年)修理完了。
  • 1911年(明治44年)以降、機関術訓練艦として使用。
  • 1914年(大正3年)第一次世界大戦に従軍。
  • 1915年(大正4年)から1918年(大正7年)に大改修、同時に敷設艦に改造。
  • 1920年(大正9年)4月1日、敷設艦に類別変更。
  • 1922年(大正11年)4月1日、艦籍を除籍。雑役船となる。
  • 1924年(大正13年)5月27日、廃船の後、猿島付近で撃沈処分される。

艦長[編集]

津軽
  • 森義臣 大佐:1910年4月9日 - 6月25日
  • 臼井幹蔵 大佐:1910年6月25日 - 1910年9月28日
  • 田所広海 大佐:1910年9月28日 - 1911年5月23日
  • 千坂智次郎 大佐:1911年5月23日 - 1912年3月1日
  • 吉島重太郎 大佐:1912年3月1日 - 1913年4月1日
  • 南里団一 大佐:1913年11月5日 - 1914年8月18日
  • 佐野常羽 大佐:1914年12月1日 - 1916年4月4日
  • 伊集院俊 大佐:1916年4月4日 - 6月8日
  • 原口房太郎 大佐:1916年6月8日 - 12月1日
  • 四竈孝輔 大佐:1916年12月1日 - 1917年2月21日
  • 大見丙子郎 大佐:1917年2月21日 - 12月1日
  • 三上良忠 大佐:1920年7月26日 - 1921年11月26日

同型艦[編集]

後日談[編集]

津軽が横須賀港に沈められた2年後の1926年に、海底に沈んだ破片類が漁業の邪魔になると漁業組合が横須賀鎮守府に訴えたため鎮守府は艦を横須賀市に払い下げるが、1932年に日本潜水協会が有償払い下げを出願し、7月1日の市議会会議で潜水協会払い下げが決定したが、この議決のために議員の贈収賄が生じた『津軽疑獄事件』が発生している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兵装は『世界の艦船 増刊第47集』による。『日本海軍史 第7巻』p180によると「40口径15.2cm単装砲 7門、40口径7.6cm単装砲 12門、魚雷発射管5門」。
  2. ^ 世界歴史大系 ロシア史2』山川出版社1997年による表記。
  3. ^ 稲子恒夫編著『ロシアの20世紀』東洋書店2007年による表記

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 中川努「日本海軍特務艦船史」『世界の艦船 増刊第47集』海人社、1997年3月号増刊、第522集。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』朝雲新聞社、1969年。