佐野常羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐野常羽

佐野 常羽(さの つねは、1871年(明治4)7月3日 - 1956年(昭和31)1月25日)は、元海軍少将伯爵。東京麹町生まれ。日本ボーイスカウトにおける指導者の訓練体系を確立した。

父は日本赤十字社の創始者である佐野常民。妻は保科正益の娘。養子の常光(つねみつ)は一条実輝公爵の子。

経歴[編集]

  • 海軍兵学校に入学し、1891年(明治24年)、卒業する。
  • 1900年(明治33)2月、清国南部出張を命じられ、北清事変には和泉分隊長として参戦[1]
  • 1902年(明治35)12月26日、家督を継いで伯爵となる[2]
  • 東郷平八郎のもとで砲術長をつとめ、その後、海軍高等通訳官、ドイツ大使館付武官、戦艦榛名の艦長などを歴任する。ドイツ大使館付武官であった頃に、しばしばロンドンに滞在し、本場のボーイスカウト運動を多く見聞する。
  • 退役後の1922年(大正11)、栃木県佐野に「唐沢義勇少年団」を結成。
  • 1924年(大正13)、第2回世界ジャンボリーに参加(団長は三島通陽)し、その後ボーイスカウト国際会議に日本代表として参加。ギルウェル指導者訓練所(ギルウェル・パーク)に日本人として初めて入所する。
  • 1925年(大正14)、富士山麓山中湖畔大洞にて第1回指導者訓練所開設(のちの山中野営場、中央指導者実修所)を開設し所長に就任。これによって、日本のボーイスカウト運動における指導者の訓練体系を確立された。
  • 1929年、第3回世界ジャンボリー派遣団の団長として大会参加。
  • 1931年(昭和6)に、ロバート・ベーデン・パウエル卿より、ボーイスカウトイギリス連盟の最高功労章であるシルバー・ウルフ章を贈られる(日本人で本章を授与されたのは、昭和天皇と佐野の二人だけである)。
  • 1954年(昭和29)、ボーイスカウト日本連盟から「長老」の称号を贈られる。
  • 1955年(昭和30)、日本連盟の最高功労章である「きじ章」を贈られる。
  • 1956年(昭和31)、1月25日死去。享年86。

ボーイスカウト日本連盟所属の山中野営場(山梨県南都留郡山中湖町)の玄関には佐野の胸像が置かれている。また、山中野営場には彼の名をとった「佐野広場」があり、記念碑(道心堅固の碑)が建てられている。

弥栄[編集]

読みは「いやさか」。ボーイスカウト日本連盟、およびギルウェル指導者訓練所の祝声である。

世界各国のスカウトは自国語の祝声(Cheer、他者を祝賀、賞賛する際や、再会を約して別れる折などに唱和する掛け声のこと。一般に用いられる万歳のようなもの)を持ち、日本連盟は古語である「弥栄」を採用していた。

1924年(大正13)、ギルウェル指導者訓練所の所長であったJ・S・ウィルソンから、その時入所していた13国の指導者全員に、各国のスカウト祝声を披露するようにとの命令があった。

このとき佐野は、「弥栄」を披露し、「ますます栄える(More Glorious)」という意味であることを説明したところ、ウィルソン所長は、「発声は日本のものが一番よい。そのうえ哲学が入っているのが良い」と賞賛し、以後、ギルウェル訓練所の祝声を「弥栄」とすることに定めた。

清規三事[編集]

佐野常羽の残した教えのひとつに「清規三事」がある。(読みは「しんきさんじ」、「ちんぎさんじ」、「せいきさんじ」など諸説ある。)それぞれの英訳も佐野が行ったものである。

  • 実践躬行 (じっせんきゅうこう、Activity First)
スカウト運動(スカウティング)は、自ら実行することが第一である。
  • 精究教理 (せいきゅうきょうり、Evaluation Follows)
物事の実行には、その価値を評価し、反省し、そして理論を探求することが必要である。
  • 道心堅固 (どうしんけんこ、Eternal Spirit)
実行・評価・反省を繰り返して「さとり」をひらき、永遠に滅びることのない心境を開くよう努力すべきである。

著書[編集]

  • 『少年斥候法 四の巻』(少年団日本聯盟、昭和4年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞1904年(明治37)3月5日号3面「佐野海軍大尉」に、「三十年には大尉に昇任し、三十二年軍令部出仕となり、官命を奉じて南清を視察し、北清事件の際には、和泉分隊長となり諸艦に転乗して功労あり」とある。
  2. ^ 『官報』第5847号、明治35年12月27日。