アグネス・ベーデン=パウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグネス・ベーデン=パウエルAgnes Baden-Powell, 1858年 - 1945年6月2日)は、ガールガイド(ガールスカウト)運動の創始者。ボーイスカウト運動の創始者、ロバート・ベーデン=パウエル卿(B-P)の実妹。

1910年にガールガイドを創始し、最初のチーフガイドとなる。ただし、彼女は「女は女らしく」というビクトリア朝的な価値観の持ち主であったため、ガールガイドの組織はなかなか伸張せず、B-Pは妻、オレブ・ベーデン=パウエルにその実権を移す。アグネスとオレブの確執は、ビクトリア時代の女性観と20世紀の新しい女性像の対立であった。またアメリカではB-Pの元婚約者ジュリエット・ローが独自の組織ガールスカウトを立ち上げ、大きく伸張していた。

1917年にチーフを辞任し、その地位をメアリー王女に譲った。1945年に86歳で死去するまでガールスカウト副議長を勤めた。

著書[編集]

  • "Handbook for Girl Guides"(兄ロバート・ベーデン=パウエルと共著)

関連事項[編集]