ギルウェル・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギルウェル・パークGilwell Park)は、イギリスロンドン東部チンフォード(Chingford)、エッピングの森(Epping Forest)にある広さ108エーカーの土地。ボーイスカウトの指導者訓練センター、国際キャンプ場がある。

この土地は、かつて、ヘンリー8世に所有されており、彼の息子エドワードのための猟小屋があった。

1919年、W・F・マクラーレンが1万ポンドで購入し、指導者訓練の場として英国ボーイスカウト連盟に寄贈した。ロバート・ベーデン=パウエル卿は、この好意に感謝するため、マクラーレン家のキルトの紋様をつけたギルウェル・スカーフを作り継承することとした。

現在、ギルウェル・パークはボーイスカウトのリーダー研修のための拠点となっている。初代所長フランシス・ギドニー(Francis Gidney)が1919年9月に最初のウッドバッジコース(Wood Badge course)を行った。毎年世界中から多数のスカウトのリーダーたちが研修を行うためにここを訪れる。

キャンプ場内をグリニッジ子午線が通っている。

また、ボーイスカウトに関係の無い活動(例えば、会議や結婚披露宴など)のために借りることも可能である。

主な施設[編集]

  • ギルウェル・ホール:白いペンキ塗の2階建て。別名「ギルウェルのホワイトハウス」。
  • ギルウェル・ミュージアム
  • アマチュア無線局:コールサインはG3WGP、GB2GP、GB3GP。
  • バッファロー像の芝生:無名スカウトの善行に感謝して米国ボーイスカウト連盟から寄贈されたバッファローの銅像がある。
  • 爆弾の池(Bomb Hole):第二次世界大戦時に、ドイツ軍が投下した爆弾の跡に水が溜まってできた池。
  • トレーニンググラウンド
  • 大小さまざまなキャンプサイト、広場

などがある。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度39分01秒 東経0度0分08秒 / 北緯51.65028度 東経0.00222度 / 51.65028; 0.00222