ブラウンシー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラウンシー島のブランクシー城

ブラウンシー島(ブラウンシーとう、Brownsea Island)は、イギリスの小。座標位置は、北緯50度41.5分、西経1度58分である[1]

ロンドンの南西約100km、イギリス本島の南、イギリス海峡に面したボーンマス(Bournemouth)の西側、プール湾(Poole Harbour)内に浮かぶ八つの島のうち最大のもので、長径2km、短径1kmほどの東西に長い楕円形をしている。島内には二つの小さな湖がある。

ローマ時代のガレー船や古代デンマークの帆船が基地としており、クヌート王が財宝を隠したとの伝説もある。15世紀には海賊ハリー・ページの隠れ家があり、16世紀には密輸業者がアジトとしていた。1901年以降はバン・ラルート家の地所となっていた。現在、島のほとんどはイギリスのナショナル・トラストによって所有され、自然保護区に指定されている。

この小島は、ボーイスカウト運動の始まりの地として有名である。 1907年8月初旬、ロバート・ベーデン=パウエル卿と20名[1]の少年たちがこの島で8日間の実験キャンプを行った。これは「スカウトの最初のキャンプ(The first Scout camp)」と呼ばれ、現在この島にはそれを記念する石碑(スカウト・メモリアル・ストーン)が立っている。

島にはブラウンシー野外劇場があり、毎年、シェイクスピア劇の公演が行われる。

関連事項[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブラウンシー島に招待されたのは21名だが、1名は病気(一説には船酔い)で帰宅したため、8月1日からのキャンプ自体には不参加。