神島 (敷設艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1947年(昭和22年)の「神島」。兵装は全て撤去済み。
艦歴
計画 戦時艦船建造補充計画
建造所 佐世保海軍工廠
起工 1945年2月20日
進水 1945年6月12日
就役 1945年7月30日竣工
除籍 1945年9月15日
その後 1947年10月3日ソ連へ引き渡し
要目
排水量 基準:766トン、公試:800トン
全長 74.50m
全幅 7.85m
吃水 2.60m
機関 艦本式23号乙8型ディーゼル2基2軸
1,900馬力
速力 16.5ノット
航続距離 14ノットで3,000海里
燃料 重油:51トン
乗員 94名
兵装 仮称五式40mm単装機関砲2基
25mm連装機銃3基
同単装機銃7基
二式爆雷36個、または九三式機雷120個
神島艦型図

神島(かみしま)は、日本海軍敷設艇神島型敷設艇の1番艦。片桐大自の研究によれば、艦名は三重県志摩半島沖の神島からとる。

艦歴[編集]

  • 1945年(昭和20年)2月20日 - 佐世保海軍工廠にて起工。
    • 4月5日 - 「神島 (カミシマ)」と命名[1]
    • 6月12日 - 進水。
    • 7月30日 - 竣工。横須賀鎮守府[2]。横須賀防備隊に編入[2]
    • 8月8日 - 横須賀に回航、そのまま終戦を迎える。
    • 9月15日 - 除籍
    • 10月3日 - 特別輸送艦として朝鮮半島南部方面へ就航、翌年7月まで従事。
    • 12月1日 - 横須賀地方復員局所管の特別輸送艦に指定される[3]
  • 1946年(昭和21年)12月15日 - 特別保管艦に指定される[4]
  • 1947年(昭和22年)10月3日 - 特別輸送艦の指定を解かれる[5]。同日、ナホトカソ連に引き渡し。
    • 12月27日 - 残務整理終了[6]

艇長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 武内銈吉 大尉:1945年6月30日[7] - 1945年7月30日[8]

敷設艇長[編集]

(注)1945年12月20日以降は「艦長」[9]

  1. 武内銈吉 大尉/少佐[10]:1945年7月30日[8] - 1945年9月15日[11]、以後1945年10月17日まで艇長を置かず。
  2. 石野自彊 大尉/第二復員官/第二復員事務官/復員事務官:1945年10月17日[12] - 1947年1月7日[13]、以後1947年9月5日まで艦長を置かず。
  3. 星出隆臣 復員事務官:1947年9月5日[14] -

同型艦[編集]

  • 粟島 - 彦島(仮称艦名第1807号艦、未起工)

脚注[編集]

  1. ^ 昭和20年4月5日付 海軍省 達第64号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070510800 で閲覧可能。
  2. ^ a b 丸スペシャル『敷設艇』、p.46。
  3. ^ 昭和20年12月1日付 第二復員省 内令第6号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070534400 で閲覧可能。
  4. ^ 昭和21年12月15日付 復員庁第二復員局 復二第459号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070541900 で閲覧可能。
  5. ^ 昭和22年10月3日付 復員庁第二復員局 復二第713号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070538900 で閲覧可能。
  6. ^ 昭和22年12月27日付 第二復員局公報 第165号ノ2。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070540900 で閲覧可能。
  7. ^ 昭和20年7月11日付 海軍辞令公報 甲 第1853号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072106000 で閲覧可能。
  8. ^ a b 昭和20年9月3日付 海軍辞令公報 甲 第1903号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072107300 で閲覧可能。
  9. ^ 昭和20年12月20日付 第二復員省 内令第12号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070534400 で閲覧可能。
  10. ^ 昭和20年9月11日付 海軍辞令公報 甲 第1908号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072107300 で閲覧可能。
  11. ^ 昭和20年9月26日付 海軍辞令公報 甲 第1929号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072107700 で閲覧可能。
  12. ^ 昭和20年11月7日付 海軍辞令公報 甲 第1974号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072108100 で閲覧可能。
  13. ^ 昭和22年1月23日付 復員庁第二復員局辞令公報 甲 第125号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072160100 で閲覧可能。
  14. ^ 昭和22年9月11日付 復員庁第二復員局辞令公報 第56号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072165900 で閲覧可能。

参考文献[編集]