利根 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巡洋艦利根.jpg
艦歴
発注 1905年度計画
起工 1905年11月27日
進水 1907年10月24日
就役 1910年5月15日
除籍 1931年4月1日
その後 1933年4月30日 撃沈処分
性能諸元
排水量 常備:4,113t
全長 109.7m(垂線間長)/113.8m(水線長)
全幅 14.3m
吃水 5.12m
機関 宮原式混焼罐16基
レシプロ蒸気機関2基、2軸推進
15,000馬力
燃料 石炭900t 重油124t
最大速力 23.0kt
航続距離
乗員 370名
兵装 45口径15.2cm単装砲2基
40口径12cm単装砲10基
40口径7.6cm単装砲4基
45.7cm水上雷発射管3門
装甲 甲板傾斜部:76mm

利根(とね)は、日本海軍防護巡洋艦。艦名は関東地方を流れる利根川にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

1905年(明治38年)、佐世保海軍工廠で起工、佐世保で建造された初の巡洋艦で1910年(明治43年)5月15日に竣工し、二等巡洋艦に類別。日露戦争で巡洋艦「吉野」が「春日」に追突された際に艦首の衝角により被害が拡大されて沈没したことから、衝角構造を廃止してクリッパー型艦首を採用した。先端のとがった艦首形状のために通常は艦首部に御紋章は1個のところ、左右に1個ずつの計2個取り付けられた。

1911年(明治44年)4月、ジョージ5世の戴冠記念観艦式に参加するため、「鞍馬」とともに遣英艦隊(司令長:島村速雄中将)を編成。1911年(明治44年)4月1日に横須賀を出港し、6月24日にスピットヘッドでの観艦式に参加。さらにヨーロッパ各国を歴訪し、11月22日に横須賀に帰投した[1]

第一次世界大戦では、青島攻略戦に参加、さらに南シナ海インド洋での作戦に従事した。

1922年(大正11年)1月から5月までオランダ領東インド諸島方面の警備、次に1929年(昭和4年)までおもに中国水域の警備活動に従事した。

1931年(昭和6年)4月1日に除籍され廃艦第5号と仮称、1933年(昭和8年)4月30日に奄美大島近海で爆撃標的として撃沈処分された。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 臼井幹蔵 大佐:1909年9月15日 - 1910年6月25日 *兼佐世保海軍工廠艤装員(- 1910年6月3日)
  • 森義臣 大佐:1910年6月25日 - 12月1日
  • 片岡栄太郎 大佐:1910年12月1日 - 1911年1月16日
  • 山口九十郎 大佐:1911年1月16日 - 11月20日
  • 竹内次郎 大佐:1911年11月20日 - 1912年12月1日
  • 西尾雄治郎 大佐:1912年12月1日 - 1913年4月1日
  • 佐藤皐蔵 大佐:1913年4月1日 - 5月24日
  • 原篤慶 大佐:1913年5月24日 - 12月1日
  • 武部岸郎 大佐:1913年12月1日 -
  • 吉川安平 大佐:1914年12月1日 - 1915年12月13日
  • 古川弘 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 石川秀三郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 福田一郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年11月10日[2]
  • (心得)関干城 中佐:1918年11月10日 - 12月1日
  • 関干城 大佐:1918年12月1日 - 1919年12月1日
  • 常松憲三 大佐:1919年12月1日[3] - 1920年12月1日[4]
  • 園田繁喜 大佐:1920年12月1日[4] -
  • 八角三郎 大佐:1921年11月1日 - 1922年5月30日
  • 森田登 大佐:1922年6月1日 - 12月1日[5]
  • 巨勢泰八 大佐:1922年12月1日 - 1923年11月10日
  • (心得)小林省三郎 中佐:1923年11月10日 - 12月1日
  • 小林省三郎 大佐:1923年12月1日 - 1925年4月15日
  • 高木平次 大佐:1925年4月15日[6] - 10月20日[7]
  • 鈴木秀次 大佐:1925年10月20日[7] -
  • 植松練磨 大佐:1926年8月20日 - 1927年4月5日
  • 中村亀三郎 大佐:1927年4月5日 - 11月15日
  • 藤沢宅雄 大佐:1927年11月15日[8] - 1928年12月10日[9]
  • 波多野二郎 大佐:1928年12月10日[9] - 1929年11月30日[10]
  • 佐藤康逸 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日

脚注[編集]

  1. ^ 「思い出の日本軍艦 訪欧時の「鞍馬」と「利根」」 『世界の艦船』第607集(2003年2月号) 海人社
  2. ^ 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  3. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  4. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  5. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  6. ^ 『官報』第3792号、大正14年4月16日。
  7. ^ a b 『官報』第3948号、大正14年10月21日。
  8. ^ 『官報』第266号、昭和2年11月16日。
  9. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  10. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。

参考文献[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 『造艦技術の全貌』興洋社、昭和27年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]

  • 利根 [II] (重巡洋艦)