八角三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八角 三郎
八角三郎.JPG
海軍時代の正装
生誕 1880年12月19日
岩手県盛岡市
死没 1965年1月20日(満84歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1903年 - 1931年
最終階級 海軍中将
除隊後 衆議院議員
内閣顧問
テンプレートを表示

八角 三郎(やすみ さぶろう、1880年明治13年)12月19日 - 1965年昭和40年)1月20日)は、日本の海軍軍人政治家海軍中将正四位勲二等功五級衆議院議員

生涯[編集]

岩手県盛岡市出身。栃内曽次郎海軍大将は叔父。八角が海軍兵学校を志願するきっかけは原 敬の激励だったという。

海軍[編集]

岩手県立盛岡尋常中学校より海軍兵学校(29期)へ進んだ。席次は入校時137名中119番。卒業時は125名中75番。第一駆逐隊所属の駆逐艦吹雪」乗組み中尉として日本海海戦に参戦。大尉時代に『敵艦進路及び速力の誤測に対する命中限界算法、魚雷動的発射に於ける誤差』と題する論文を発表[1]し、海軍水雷術の発展に貢献している。海軍水雷学校校長、第二水雷戦隊司令官を務めた水雷の権威である。また海軍部内の中国通として知られワシントン会議 (1922年)では、随員候補となった[* 1]大湊要港部司令官を最後に予備役となった。

政治家[編集]

郷里の岩手県から政友会の推薦を受け衆議院議員に立候補し、投票数6833票を獲得し当選。以来4期13年間務めた。米内光政は中学の同級生で、兵学校も同期の親友[* 2]であったが、太平洋戦争を終結させた鈴木貫太郎内閣では、海軍大臣米内を補佐をする意味合いも兼ね内閣顧問に就任した。鈴木首相や米内海相、東郷外相などが中心になって進めた終戦工作に協力している。なお鈴木内閣の国務大臣左近司政三は海軍大学校甲種学生の同期生であった。

人物[編集]

海軍兵学校の同期生では米内のほか荒城二郎米村末喜と親しかったといわれる。一方で対英米強硬派の石丸藤太との関係は芳しく無かった。米内に劣らぬ長身であった[2]

年譜[編集]

主要著述物[編集]

  • 『思い出ずることども』杜陵印刷(私稿版)、1957年。
  • 『忘れ得ぬことゞも』熊谷印刷(印刷)、1959年。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 全権加藤友三郎が、専門家は不要としたことで実現しなかった。
  2. ^ 緒方竹虎が米内の伝記『一軍人の生涯』を著した際には協力している。米内に首相就任の大命降下が下った際も、米内の自宅に八角の姿があった。
出典
  1. ^ 『海軍水雷史』489頁
  2. ^ 『海軍の昭和史』149頁

参考文献[編集]

  1. 昭和7年2月版
  2. 昭和20年後半版

関連項目[編集]