初島型電纜敷設艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初島型電纜敷設艇
初島
竣工時の「初島」1940年
艦級概観
艦種 電纜敷設艇
艦名 島の名前
前級 -
次級 -
要目
排水量 基準:1,560トン
公試:1,700トン
全長 76.80m
全幅 10.80m
吃水 3.53m
機関 ロ号艦本式缶(石炭専焼)2基
直立3気筒3段膨張レシプロ2基
2軸、2,300馬力
速力 14.0ノット
航続距離 12ノットで1,000海里
燃料 石炭:170トン
乗員 109名
兵装 8cm単装高角砲1門
13mm連装機銃1基
爆雷9個(最大18個)[1]
備考 電纜20,000m、水中聴音機4組、機雷12個など394トンを搭載可

初島型電纜敷設艇 (はしまかたでんらんふせつてい)は、日本海軍の電纜敷設艇。同型艦4隻。日本海軍で最初で最後の電纜敷設艇。

概要[編集]

電纜敷設艇は要地防衛のために有線爆破型の機雷を設置する船。機雷敷設設備の他に海底に電線を設置するための設備を有する。日本海軍は有線爆破型の機雷として九二式機雷を保有していたが、敷設用の専用艦船はなく、雑役船などで電線を敷設していた。しかしこれでは敷設の能率が悪く1939年(昭和14年)度の臨時軍事費の雑船建造費で専用の雑役船4隻が建造されることとなった。

元々雑役船として計画されたので予算圧縮のため船体は商船形式に準じ、鋼材も軟鋼のみを使用していた。機関も石炭専焼ボイラー、レシプロ機関を搭載し、速力は14ノットに留まった。

電纜敷設の専用設備としては艦橋と煙突の間にスペースを設け、そこに電纜(電線ケーブルのこと)を納める電纜庫を設置、電纜20,000mが納められた。上甲板には海底沈置式水中聴音機4組を搭載、またケーブル取り回し用に大型のクレーンを船体中央部に装備、艦首部分にはケーブルリールを備えていた。その他対潜用機雷12個、爆雷9個を搭載、機雷を搭載しない場合は爆雷18個搭載可能となっていた。

大戦後半には爆雷を60個搭載とし、前部船底に水中聴音機を装備した。また他艦と同様機銃の増備も実施したと思われる。

本型各艇は1940年(昭和15年)から翌年にかけて竣工、1番艇「初島」の竣工に合わせ各艇は10月25日に特務艇内の電纜敷設艇に類別された。各艇は4つの鎮守府の防備戦隊にそれぞれ1隻ずつ割り当てられ(「釣島」は呉に代わり佐伯に配備)、電纜敷設や近海の警備に当たった。大戦後半には船団護衛にも駆り出され「初島」がラバウル、「立石」がマカッサル海峡方面まで進出している。1945年(昭和20年)に入り4隻中3隻が戦没し、唯一残存した「釣島」は戦後に逓信省の「釣島丸」となった。

同型艦[編集]

初島(はしま) 
1940年10月25日、川崎重工業神戸で竣工。竣工前は艦名を「はつしま」と読んだ。横須賀鎮守府籍、当初は横須賀防備戦隊に所属。1945年4月28日、三重県三木崎沖で米潜「セネット」の雷撃を受け戦没。同年7月10日除籍
釣島(つるしま)
1941年3月28日、川崎重工業神戸で竣工。呉鎮守府籍、当初は佐伯防備戦隊に所属。佐伯付近で終戦を迎える。1945年11月30日除籍、逓信省へ移管し「釣島丸」となる。1968年まで海底電線の保守、整備に活躍。
艤装員長
(兼)山本岩多 中佐:1941年3月5日 - 7月1日[2]
大立(おうたて[3]
1941年7月31日、播磨造船所で竣工。佐世保鎮守府籍、当初は佐世保防備戦隊に所属。1945年3月27日東シナ海で敵機の攻撃を受け戦没。同年7月10日除籍
立石(たていし)
1941年8月31日、播磨造船所で竣工。舞鶴鎮守府籍、当初は舞鶴防備戦隊に所属。1945年3月21日仏印沖で米陸軍機の攻撃を受け戦没。同年5月10日除籍

脚注[編集]

  1. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』による。『世界の艦船』によると爆雷12個となっているが機雷数と間違えている可能性もある。
  2. ^ 『日本海軍史』第10巻、548頁。
  3. ^ 海軍大臣達 『12月』第9画像 (昭和15年12月10日付 海軍大臣達第288号)。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)
    • レファレンスコード:C12070108200 海軍大臣達『12月』(昭和15年12月)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇II』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0464-4
  • 『世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』(海人社、1997年3月号増刊、第522集)
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第10巻、第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]