マカッサル海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯0度50分0秒 東経118度10分0秒 / 南緯0.83333度 東経118.16667度 / -0.83333; 118.16667

マカッサル海峡(Makassar Strait)

マカッサル海峡(マカッサルかいきょう、Makassar Strait)とは、カリマンタン島スラウェシ島との間の海峡

地理[編集]

北北東から南南西に伸びる海峡であり、北はセレベス海、南はジャワ海に繋がる。幅広の海峡であり、最狭部でも約100kmの幅がある。海峡の中にはバラバランガン諸島英語版などがある。

沿岸の主要な都市はバリックパパンカリマンタン島東カリマンタン州)、パルスラウェシ島中部スラウェシ州)など。マハカム川カリマンタン島東カリマンタン州)、カラマ川en:Sadang Riverなどが注ぐ。

歴史[編集]

1942年1月24日 バリクパパン沖海戦

1942年2月4日 ジャワ沖海戦: Battle of Makassar Strait

航路[編集]

中東やインドと日本の間を往復するタンカーや貨物船は、喫水に制限のあるマラッカ海峡の代わりに、ロンボク海峡を経由してマカッサル海峡を通るウォレス線に沿った航路を使用する場合がある。日本では、マラッカ海峡や南シナ海において地政学的リスクが生じた場合の代替として、フィリピン東方沖からマカッサル海峡とロンボク海峡を経由してインド洋に至る航路が注目されている。

関連項目[編集]