フィンランド湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィンランド湾
北のフィンランド、南のエストニア、東のロシアにはさまれた湾。

フィンランド湾: Финский залив: Suomenlahtiエストニア語: Soome lahtスウェーデン語: Finska viken)はバルト海の最奥部、フィンランドエストニアにはさまれた東西に細長いである。

西方向に開けた湾で、東西に約400kmの長さがある。面積約3万平方km[1]、平均水深40mほどで、冬には結氷する。

湾の東奥にロシアサンクトペテルブルク、北岸にフィンランド・ヘルシンキ、南岸にエストニア・タリンなどの都市が位置する。ヴォルガ・バルト水路によりラドガ湖ボルガ川などと結ばれている。コトリン島をはじめ、大小多くの島がある多島海である。

歴史[編集]

フィンランド湾は約4,000年前にリットリナ海英語版の一部として、原型が形成されたとされている [2][3]

近世には、ロシア帝国スウェーデン制海権の争奪戦が行われた。主な海戦は、ハンゲの海戦スヴェンスクスンドの海戦などである。

脚注[編集]