セントローレンス湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セントローレンス湾
湾内の水深分布

セントローレンス湾 (セントローレンスわん、Gulf of Saint Lawrence) はカナダ南東部に位置する湾であり、セントローレンス川を経由して五大湖から大西洋への湖水の出口。ここに注ぐセントローレンス川の河口は世界最大の規模である。また大西洋と、工業地帯である五大湖周辺を結ぶ重要な航路でもある。

赤毛のアンで世界的によく知られるプリンスエドワード島ニューファンドランド島アンティコスティ島ケープブレトン島など、湾内には大小様々な島がある。これらの島が大西洋への出口を塞いでおり、湾から大西洋に出る航路は中央のカボット海峡、南のカンソー海峡、北のベルアイル海峡の三つとなる。

また、タイセイヨウサケマス類、カラフトシシャモをはじめ、セントローレンス川水系がもたらす有機物や微生物などの豊富な栄養素により、豊かな漁場となっている。特に、子供アザラシ猟が盛んであるが、近年では、批判の声も挙がっている。