デービス海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デービス海峡: Davis Strait: Détroit de Davis)は、グリーンランドカナダヌナブト準州バフィン島との間に位置する海峡。海峡の幅は広く、最狭部でも約338kmある。一方水深は1,000-2,000m程度で、北のバフィン湾や南のラブラドル海よりもかなり浅い。

一帯の海底の地形は複雑で、断層によって地溝や海底山脈が形成されている。こうした断層は4500万-6200万年ほど前、古第三紀プレートの活動により形成されたものと見られている。

海峡の名は16世紀大航海時代北西航路を探索したイギリスの探検家、ジョン・デービスに由来している。デービスは1585年にこの海峡を通過した。

海峡はただでさえ高緯度である上、ラブラドル海流という寒流が流れており、その海水温は極めて低い。冬は流氷により船舶の航行は困難となる。また海峡の周辺の陸地の気候は寒帯ツンドラ気候となっている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「デービス海峡」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています

座標: 北緯65度 西経58度 / 北緯65度 西経58度 / 65; -58