カリフォルニア湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カリフォルニア湾の島々と自然保護区
メキシコ
カリフォルニア湾を泳ぐマンタ
カリフォルニア湾を泳ぐマンタ
英名 Islands and Protected Areas of the Gulf of California
仏名 Îles et aires protégées du Golfe de Californie
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(9),(10)
登録年 2005年
拡張年 2007年
IUCN分類 II, VI
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
カリフォルニア湾の位置
使用方法表示

カリフォルニア湾(カリフォルニアわん、Golfo de California)は、メキシコ北西部、北米大陸バハ・カリフォルニア半島との間の南北方向に伸びる細長いである。コルテス海(:Sea of Cortez)とも呼ばれる。2005年に、UNESCOの世界遺産に「カリフォルニア湾の島々と自然保護区」の名前で登録された。

太平洋の中央海嶺である東太平洋海嶺(海膨)の北端部分である。この湾から北へとカリフォルニア地溝帯が伸び、インペリアル・バレーImperial Valley)やサンホアキン・バレーSan Joaquin Valley)、サクラメント・バレーSacramento Valley)などのが広がっていて、地球の裂け目のひとつであることがわかる。面積約160,000km²。

湾内の主要な島としては、アンヘルデアグアルダ島ティブロン島がある。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。


Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg メキシコの世界遺産
World Heritage Sites in Mexico

文化遺産
古代都市パレンケと国立公園 | 古代都市テオティワカン | メキシコシティ歴史地区ソチミルコ | オアハカ歴史地区モンテ・アルバンの考古遺跡 | プエブラ歴史地区 | グアナフアト歴史地区と鉱山 | 古代都市チチェン・イッツァ | モレリア歴史地区 | 古代都市エル・タヒン | サカテカス歴史地区 | シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 | ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 | 古代都市ウシュマル | ケレタロ歴史史跡地区 | グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス | カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 | トラコタルパンの歴史遺跡地帯 | ショチカルコの考古遺跡地帯 | 歴史的城塞都市カンペチェ | ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 | ルイス・バラガン邸と仕事場 | テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 | メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス | サン・ミゲル要塞都市ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖域 | エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ | オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群
自然遺産
シアン・カアン | エル・ビスカイノのクジラ保護区 | カリフォルニア湾の島々と自然保護区 | オオカバマダラ生物圏保護区
複合遺産
カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市熱帯雨林保護区英語版
世界遺産 | 北アメリカ・中央アメリカの世界遺産 | メキシコの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、メキシコの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯28度0分 西経112度0分 / 北緯28.000度 西経112.000度 / 28.000; -112.000