ハイイロギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイイロギツネ
ハイイロギツネ
ハイイロギツネ Urocyon cinereoargenteus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: ハイイロギツネ属 Urocyon
: ハイイロギツネ
U. cinereoargenteus
学名
Urocyon cinereoargenteus
(Schreber, 1775)
シノニム

Vulpes cinereoargenteus

和名
ハイイロギツネ
英名
Gray fox
Tree fox

ハイイロギツネUrocyon cinereoargenteus)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科ハイイロギツネ属に分類される食肉類。

分布[編集]

アメリカ合衆国エルサルバドルカナダ南部、グアテマラコスタリカコロンビアニカラグアパナマベネズエラ北部、ベリーズホンジュラスメキシコ [1][2][3]

形態[編集]

体長52-73cm。[3]尾長27-45cm。[2]体重2.5-8.6kg。[1][2][3]背面や灰色の体毛で被われ、正中線周辺は黒い。[1][3]頸部側面や前肢の一部は赤褐色や黄褐色の体毛で被われる。[1][2][3]尾長の1/3から半分に達する臭腺(尾腺)がある。[3]尾の正中線や先端は黒い体毛で被われる。[1][2][3]

生態[編集]

森林草原、岩場などの様々な環境に生息する。[3]夜行性で、昼間は岩の隙間、樹洞などで休む。[1][3]最大600ヘクタールの行動圏内で生活する。[3]前肢で木を抱え込み後肢を押しつけながら木に登ることができ、樹上でも活動する。[3]

食性は雑食で、昆虫鳥類、小型哺乳類、動物の死骸、果実などを食べる。[3]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は53-63日。[3]1回に1-7頭(主に4頭)の幼獣を産む。[3]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、63、220頁。
  2. ^ a b c d e 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、80-81、84頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、125頁。

外部リンク[編集]