アオアシカツオドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオアシカツオドリ
Aoashikatuodori.JPG
アオアシカツオドリ Sula nebouxii
(ガラパゴス諸島、亜種 Sula nebouxii excisa
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カツオドリ目 Suliformes
: カツオドリ科 Sulidae
: カツオドリ属 Sula
: アオアシカツオドリ
S. nebouxii
学名
Sula nebouxii
Milne-Edwards, 1882
和名
アオアシカツオドリ
英名
Blue-footed Booby
赤色: 集団繁殖地、水色: 海上採食域

アオアシカツオドリ(青脚鰹鳥、学名:Sula nebouxii)は、カツオドリ目カツオドリ科に分類される鳥類の1種。鮮やかな青い足からこの名前が付けられた。

亜種[編集]

2亜種に分けられる。[2]

  • Sula nebouxii nebouxii (基亜種) - メキシコからペルーにかけての太平洋沿岸。
  • Sula nebouxii excisa (ガラパゴスアオアシカツオドリ) - ガラパゴス諸島の固有亜種。ガラパゴス諸島に生息する3種のカツオドリ科の中の1種として、ガラパゴス諸島に広く分布する。わずかに大きく羽に艶がある[3]

形態[編集]

全長は約80cm (76-84cm)。翼開長約152cm。雌雄よく似るが、雌のほうが大きく見える[3]。全長は同様であるが、雄は尾が長くて体が小さいことによる。雌は眼の中心の黒い範囲が大きく黒眼がちに見える。[4]

生態[編集]

求愛行動時、雄が足を交互に持ち上げ、雌の周りをダンスする。また、現在はを作らないが、過去に作っていた頃の名残で、小枝や小石を相手に差し出す行動をする。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

画像[編集]

SulaNebouxi.jpg

参考文献[編集]

  1. ^ Sula nebouxii (Species Factsheet by BirdLife International)
  2. ^ James F. Clements, The Clements Checklist of the Birds of the World, Sixth Edition, (2007) P. 16.
  3. ^ a b Peter Harrison, SEABIRDS an identification guide, (Paperback, 1985) P. 108, 289.
  4. ^ 藤原幸一 『ガラパゴス博物学』、データハウス、2001年、52-55頁。

関連[編集]

執筆の途中です この項目「アオアシカツオドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類