クロサギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロサギ科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: クロサギ科 Gerreidae
学名
Gerreidae
和名
クロサギ科
英名
Mojarra

クロサギ科(Gerreidae)は、スズキ目に分類されるの分類群であり、そのほとんどが亜熱帯域のサンゴ礁の浅瀬に生息している。

種類[編集]

日本ではクロサギ属タイワンサギ属のみ分布している。全部で6属ある。ここでは主なものを載せた。

クロサギ属[編集]

  • クロサギ
  • ダイミョウサギ
  • イトヒキサギ
  • シマクロサギ
  • ツッパリサギ
  • セダカクロサギ
  • ナガサギ
  • ミナミクロサギ
  • セダカダイミョウサギ
  • ヤマトイトヒキサギ
  • オガサワラクロサギ
  • ヤンバルサギ
  • ホソイトヒキサギ
  • コモンシルバーベリー

タイワンサギ属[編集]

  • タイワンサギ

タイセイヨウサギ属[編集]

  • タイセイヨウサギ

特徴[編集]

伸縮性に優れた口を備えており、餌を食べるときに役立つ。上あごには前上顎骨柄状突起というものがあり、これを前方に伸ばすことができる。

関連項目[編集]