リグリア海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リグリア海
場所 地中海
座標 北緯43度30分 東経9度00分 / 北緯43.500度 東経9.000度 / 43.500; 9.000座標: 北緯43度30分 東経9度00分 / 北緯43.500度 東経9.000度 / 43.500; 9.000
周辺国 イタリアフランス

リグリア海英語: Ligurian Sea)は、地中海の一部を構成する海域イタリア半島コルシカ島に囲まれている。リグーリア海岸リヴィエラ)は景勝地として知られる。

名称[編集]

この海と関わりの深い諸言語では以下のように表記される。

  • : Mare Ligure
  • : Mer Ligurienne

地理[編集]

範囲・接続海域[編集]

リグリア海の範囲のいくつかの定義。赤はIHOの定義。青はイタリア海軍水路機関の定義

国際水路機関(IHO)は、地中海の下位に8つの海域を定義しており、リグリア海はそのひとつである。国際水路機関の定義によれば、その境界は以下の各地点を結んだものである[1]

南西
コルシカ島北端のカップ・コルス東経9度23分)と、フランスイタリア国境(東経7度31分)を結ぶ線
南東
カップ・コルス東経9度23分)からティネット島北緯44度01分 西経9度51分 / 北緯44.017度 西経9.850度 / 44.017; -9.850)、ティーノ島パルマリア島を経て、イタリア本土のサンピエトロ岬(北緯44度03分 西経9度50分 / 北緯44.050度 西経9.833度 / 44.050; -9.833)に至る線
リグーリア海岸

なお、イタリア海軍水路機関 (it:Istituto Idrografico della Marinaは、IHOよりも広い範囲をリグリア海(Mare Ligure)と定義している。これによれば、コルシカ島北岸、エルバ島北岸、トスカーナ州が面している海もリグリア海となる。

南東はティレニア海と接続する。IHOの定義によれば、サンピエトロ岬(ラ・スペーツィア県ポルトヴェーネレ)からその南方の諸島を経てコルシカ島のカップ・コルスを結んだ線がその境界である。イタリア海軍水路機関はトスカーナ州とコルシカ島の間のコルシカ海峡イタリア語版(幅約80km。エルバ島を境界に西側のみをコルシカ海峡と呼び、東側をピオンビーノ海峡イタリア語版と呼ぶこともある)を境界としている。

南西に接する海域についてIHOは定義を行っていないが、サルデーニャ海とも呼ばれる。

下位の海域[編集]

IHOのリグリア海の定義による。

沿岸[編集]

リグーリア海岸沿いを走る鉄道

北部のリグーリア海岸は景勝地として知られる。沿岸の都市はジェノヴァサンレーモなどがある。特に北西の海岸はコート・ダジュール地方に繋がる美しい景観を呈し、温暖な気候で有名である。

ジェノヴァ、ラ・スペツィアリヴォルノなどの港は東部の岩がちな海岸沿いである。

沿岸の自治体[編集]

IHOによるリグリア海の定義による。

脚注[編集]

  1. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization. p. 17 (1953年). 2012年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]