ワライカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワライカモメ
Lachmeeuw.jpg
ワライカモメ(夏羽)

Guanaguanre (Larus atricilla) de los Roques Venezuela 000.jpg

保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ワライカモメ L. atricilla
学名
Larus atricilla
Linnaeus, 1758
和名
ワライカモメ
英名
Laughing Gull

ワライカモメ(笑鴎、学名:Larus atricilla)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種。英名のLaughing Gullは、鳴き声が人間の笑い声に似ていることからついた。和名は英名をそのまま訳したもの。

分布[編集]

アメリカ東海岸からカリブ海周辺、ベネズエラまでにおいて繁殖する。冬期はブラジルや南アメリカの太平洋側(チリ付近まで)に渡り越冬する。

日本では迷鳥として、2000年火山列島硫黄島愛知県で記録されているほか、2010年5月に青森県で記録がある[1]

形態[編集]

全長約40cm。夏羽は頭部が黒く、背中や翼上面は濃青灰色で体の下面と尾は白色である。嘴と足は赤色。冬羽では頭部は白く、目の周囲から後頭部にかけて黒斑が散らばっている。嘴と足はやや黒ずんでいる。雌雄同色である。

類似種と識別点[編集]

ユリカモメと似ているが、本種の方が嘴や足、頸が長い。また、翼の上面の色が濃いことで識別できる。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

脚注[編集]

  1. ^ 吉岡俊朗「青森県におけるワライカモメの観察記録」『Strix』27巻、日本野鳥の会、2011年、155-158頁

参考文献[編集]

  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年

関連項目[編集]