セグロアジサシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セグロアジサシ
セグロアジサシ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: アジサシ属 Sterna
: セグロアジサシ S. fuscata
学名
Sterna fuscata
Linnaeus, 1766
和名
セグロアジサシ
英名
Sooty Tern

セグロアジサシ(背黒鯵刺、学名:Sterna fuscata)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

大西洋インド洋太平洋の熱帯および亜熱帯の島嶼、オーストラリア北岸で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋に生息する。

日本では夏鳥として小笠原諸島南鳥島沖縄県仲御神島(なかのうがんじま)などに渡来し繁殖する。日本本土では、台風等の影響でまれに迷行する個体が記録される迷鳥である。

形態[編集]

体長は45cm、翼開長は94cmほどで、アジサシより大きく、ハトカラスの中間くらいの大きさ。額、首、腹は白だが、背中側はほぼすべてが濃い黒褐色で、和名もここに由来する。幼鳥は全身が黒褐色だが、胴体に白い斑点があってまだらもようになる。

生態[編集]

翼と尾羽は細長くとがるスマートな外見どおり、飛翔能力にすぐれている。非繁殖期は外洋で過ごすが、ほとんどの時間を空中で過ごし、飛びながら眠ることもあるという。幼鳥は巣立ってから繁殖できるようになるまでの約3年間をほとんど空中で過ごすという。水面に降りることやダイビングすることも少なく、水面近くを飛びながらイカくちばしで拾いあげるように捕食する。

繁殖地では草地に大きな集団繁殖地(コロニー)をつくり、2~3個の卵を産む。近年こそ保護がすすんでいるが、この鳥の卵は現地住民の食料として大量に採取され、かつては日本の繁殖地とて例外ではなかった。

「ジュウ ジュウ」または「ギー ギー」と鳴く。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ小目 Charadriida

Clements鳥類分類[編集]

Clements鳥類分類

参考文献[編集]

  • 『日本の鳥 550 水辺の鳥』、文一総合出版
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目[編集]