仲の神島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仲御神島から転送)
移動: 案内検索
仲の神島
Nakanokamishima 1978 cok-78-1 c9 3.jpg
仲の神島(1978年度撮影)[1]
座標 北緯24度11分42秒 東経123度33分50秒 / 北緯24.19500度 東経123.56389度 / 24.19500; 123.56389座標: 北緯24度11分42秒 東経123度33分50秒 / 北緯24.19500度 東経123.56389度 / 24.19500; 123.56389
面積 0.18[2] km²
最高標高 102[3] m
所在海域 東シナ海太平洋フィリピン海
所属国・地域 日本沖縄県
仲の神島の位置
仲の神島 (南西諸島)
テンプレートを表示
仲の神島(1978年度撮影)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
仲の神島

仲の神島(なかのかみしま)は日本南西諸島沖縄県に属する無人島西表島の南西約15kmに位置する。沖縄県八重山郡竹富町崎山に属し、西表石垣国立公園の指定区域の一部を構成する。全域が国有地である。

仲ノ神島仲之神島とも表記され、仲の御神島仲ノ御神島仲之御神島仲御神島(なかのうがんじま)とも呼ばれる。国土地理院の2万5千分の1地形図では「中御神島(分図)」と表記され、同島に位置する二等三角点も『中御神島』とされる[4][5]。地元では通称オガンと呼ばれている。

概要[編集]

島はほぼ東西に細長い形をしており、大小2つの丘が連なりひょうたん形に見える。島の周囲は崖で、内陸部は草地になっている。島の最高地点は標高102m。

日本有数の海鳥の繁殖地として知られており、セグロアジサシをはじめ、オオミズナギドリカツオドリアカオネッタイチョウクロアジサシエリグロアジサシベニアジサシなど1万羽を越える海鳥が営巣する。これらにより1972年(昭和47年)5月15日に「仲の神島海鳥繁殖地」として国の天然記念物に指定され、島への上陸には環境省の許可が必要とされる。1981年(昭和56年)3月31日には、国指定仲の神島鳥獣保護区(集団繁殖地)にも指定されている(面積18ha、全域が特別保護地区[6]

島の周囲は、釣りやスクーバダイビングのスポットとなっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  2. ^ 『国設仲の神島鳥獣保護区設定計画書』に於ける、18haを以って仲の神島全域の区域との定義による(18ha in sqkm ⇒ 0.18)。
  3. ^ 2万5千分の1地形図より
  4. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2014年7月12日閲覧。 “基準点コード TR23623243402”
  5. ^ 同三等三角点は『神島』。
  6. ^ 仲の神島海鳥繁殖地”. 文化遺産オンライン. 2014年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]