ロス海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロス海
ロス海の氷
場所 南極海
座標 南緯75度 西経175度 / 南緯75度 西経175度 / -75; -175座標: 南緯75度 西経175度 / 南緯75度 西経175度 / -75; -175

ロス海英語: Ross Sea)は、南極海の海域のひとつ。太平洋の方向にあり、湾内を180度経線が通る。南極大陸に深く湾入しており、南部はロス棚氷に覆われている。

海の名は、1841年にこの海域を発見したジェイムズ・クラーク・ロスに因む[1]

地理[編集]

位置・広がり[編集]

太平洋の方向にあり、湾内を180度経線が通る。西は Cape Adare、東は Cape Colbeck の間で、南極大陸に深く湾入している[1]

ロス海の西岸にはヴィクトリアランドがあり、東側の地域はマリーバードランドと呼ばれる。

大西洋の方向にあるウェッデル海との間は南極大陸の幅が狭まっており、ロス海西海岸からウェッデル海東岸にかけて南極横断山脈が連なる。この山脈をもって東南極西南極が分けられており、ロス海は西南極側にある。

ロス海の南部はロス棚氷に覆われている。ロス海の東部にはロス島が、西部にはルーズベルト島がある。

領有権主張[編集]

ロス海・ロス棚氷とその沿岸にあたる東経160度から西経150度の範囲について、ニュージーランドロス海属領として領有権を主張している。ただし、南極条約によって、南極地域における領土主権、請求権は凍結されている。

歴史[編集]

1841年ジェイムズ・クラーク・ロスによって発見された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ロス海」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています