パーマーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南極半島地図

パーマーランド英語: Palmer Land)は、南極にある地域の名称。南極半島の南半部を指す[1]

地理[編集]

位置・広がり[編集]

南極半島を南北に二分した南部を指す。その北限は Cape JeremyCape Agassizを結ぶ線で、北にグレアムランドと接する[1]

アメリカ地質調査所(USGS)の地名情報システム(GNIS)によれば、南極半島の南限は、東海岸側のCape Adamsと、西海岸側のEklund Islands対岸とを結んだ線である[2]。南にエルスワースランドと接する。

領有権主張[編集]

イギリス、アルゼンチン、チリが領有権を主張する地域に含まれる。

歴史・名称[編集]

この地域の名は、アメリカ合衆国のアザラシ漁師ナタニエル・パーマー英語版にちなむ。パーマーは1820年11月、「ヒーロー号」Hero によって、南極半島と、サウス・シェトランド諸島デセプション島を探検した。

南極大陸最大の半島を指す名称として、長らくイギリスは「グレアムランド」、アメリカ合衆国は「パーマー半島」を用いていたが、1964年に米国の Advisory Committee on Antarctic Names (US-ACAN) と英国の UK Antarctic Place-names Committee (UK-APC) の間で合意が形成された。これにより、半島全体の名称として「南極半島」(Antarctic Peninsula)が提唱され、北部を「グレアムランド」、南部を「パーマーランド」と呼ぶことになった[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯71度30分 西経65度00分 / 南緯71.500度 西経65.000度 / -71.500; -65.000