ロス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロス島
ErebusTerror.jpg
座標 南緯77度40分 東経168度00分 / 南緯77.667度 東経168.000度 / -77.667; 168.000座標: 南緯77度40分 東経168度00分 / 南緯77.667度 東経168.000度 / -77.667; 168.000
面積 2,460 km²
最高標高 3,794 m
最高峰 エレバス山
所在海域 ロス海
ロス島の位置(南極大陸内)
ロス島
ロス島 (南極大陸)
テンプレートを表示

ロス島: Ross Island)は、南極ロス海にある地球で最も南にある活火山エレバス山を擁する火山島である。

島の名は、1841年にこの島を発見したジェイムズ・クラーク・ロスにちなむ[1]。ロス島は船舶が接岸できる南限の島で、19世紀以来南極探検の拠点とされた。アメリカ合衆国マクマード基地が所在している。

地理[編集]

ロス島の地図
ロス島の地図

位置・広がり[編集]

ロス島はロス海の北西部に位置し、マクマード海峡 (McMurdo Soundの東に位置する[1]

面積は3,794km2で、沖縄本島の2倍。

地勢[編集]

ロス島にはエレバス山(3,794 メートル)、テラー山(3,230 メートル)、バード山(1,765 メートル)の三つの火山がある。前二者はロスによりロス隊の二隻の船名から命名された。島の中央近くにあるエレバス山は、活火山である。その20マイル東にあるテラー山は死火山となっている。バード山はケープ・バード (Cape Birdの南にある。

ロス島は船舶が接岸できる南限の島であり、初期の多くの南極探検の拠点とされた。

観測基地[編集]

島の南西部、ハットポイント半島南端にはアメリカ合衆国マクマード基地が所在している。全島の人口は、100人ぐらいいる。

歴史・名称[編集]

1841年、ロス海一帯を探検したジェイムズ・クラーク・ロスによって発見された。しかしロスはこの地形を、島ではなく本土ヴィクトリアランドの一部と見なしていた[1]。1901年から1904年にかけておこなわれた、ロバート・ファルコン・スコットが率いたディスカバリー遠征[注釈 1]によって島であることが明らかになり、スコットによって発見者ロスにちなみ、ロス島と名づけられた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正式名称は British National Antarctic Expedition。「スコットの第一回南極探検」とも。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ロス島」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています