ジェイムズ・クラーク・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・クラーク・ロス

ジェイムズ・クラーク・ロス(James Clark Ross、1800年4月15日1862年4月3日)はイギリス海軍士官探検家

経歴[編集]

ロスはロンドンで生まれ、1812年にイギリス海軍に入った。1818年、おじのジョン・ロス北西航路探索の最初の航海に出た。1819年から1827年の間にロスはウィリアム・パリーのもとで4度の北極探検に参加した。1829年から1833年にかけ、再びおじのジョン・ロスによる探検隊に加わり、この探検中の1831年6月1日北磁極への到達に成功した。

1839年から1843年にかけてロスはエレバスとテラーの2隻からなる南極探検隊を率い南磁極への到達を目指した。南磁極への到達はできなかったが、1841年にはロス海ビクトリアランドロス島の火山エレバス山テラー山メルボルン山ポーレット島を発見するなど多くの調査結果を得た。南極探検の功績によりナイトの爵位を授かる。1842年には王立地理学会金メダル(創立者メダル)を受賞した[1]。1845年にこのエレバスとテラーを使ったジョン・フランクリンの北極探検隊が消息を絶ったため、ロスはエンタープライズとインヴェスティゲーターの2隻を指揮して1848年から捜索を行ったが発見は叶わなかった。

記念[編集]

上記のロス海ロス島のほか、ロス棚氷ジェイムズロス海峡にその名が付けられた。月の静かの海にあるクレーターの一つにもロスの名が付けられている。イギリスは1990年に進水させた極地調査用の砕氷船ジェイムズ・クラーク・ロスと命名した。

脚注[編集]

  1. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2014年4月14日閲覧。