アイリッシュ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイリッシュ海(中央)

アイリッシュ海: Irish Sea)はアイルランド島グレートブリテン島を隔てているである。アイルランド海とも。大西洋とはアイルランドウェールズ間のセントジョージ海峡で南側、アイルランドとスコットランド間のノース海峡を通して北側で繋がっている。 また、アイリッシュ海の真中にはマン島が存在する。

歴史[編集]

最後の氷河期が終わり、温暖な気候に代わった時、アイリッシュ海は最近の2万年間で一連の劇的な変化を経験した。氷河期の真っ只中には現在の海の中心部分は恐らく淡水湖であった。1万年前に氷河が後退し、湖が海と再び繋がると、塩分を含むようになり、次にかつてのように完全に塩辛くなった。

交通[編集]

グレートブリテン島と異なり、アイルランド島はヨーロッパ大陸とトンネルやで結ばれていない。このため、貨物輸送の大半は海運によっている。グレートブリテン島との間では、北アイルランドにあるは年間1000万トンにおよぶ貨物を取り扱っており、一方アイルランド共和国側にある港は年間760万トンの貨物を取り扱っている。

リヴァプール港は年間3200万トンの貨物と73万4000人の旅客を扱っている。ホーリーヘッド港(Holyhead)は、ダブリン港とダン・レアリー港から来る旅客の大半が利用しており、また330万トンの貨物を取り扱っている。

アイルランド共和国の港は年間360万人のアイリッシュ海横断旅客が利用しており、これはアイリッシュ海を横断する全旅客の92%に達する[1]。この数字はここ数年で着実に減少している。(1999年以来20%減)

アイリッシュ海を横断してグレートブリテン島とアイルランド島を結ぶフェリーは、スウォンジ - コーク間、フィッシュガード(Fishguard) - ロスレア(Rosslare Europort)間、ペンブローク(Pembroke) - ロスレア間、ホーリーヘッド - ダンレアリー間、ホーリーヘッド - ダブリン間、ストランレア(Stranraer) - ベルファスト間、ストランレア - ラーン(Larne)間、ケアンライアン(Cairnryan) - ラーン間などに開設されている。リバプールとベルファストの間をマン島を経由して結ぶ便や、バーケンヘッド(Birkenhead)から直行する便もある。世界最大のカーフェリー、ユリシーズ(MF Ulysses)がアイリッシュ・コンティネンタル社(Irish Continental)によってダブリン - ホーリーヘッド間に運航されている。またスウェーデンに本社のあるステナラインもフェリーを運行している。バロー・イン・ファーネスは、イギリス最大の造船所で、またイギリス唯一の潜水艦建造所でもあるが、港としては小さい。

アイリッシュ海は、英国放送協会(BBC)による船舶向け気象予報放送(Shipping Forecast)で使われる海域名でもある。

アイリッシュ海トンネル(Irish Sea Tunnel)に関する提案が過去に何度も行われている。

第一次世界大戦中、アイリッシュ海はUボート通り(U-boat Alley)として有名になった。アメリカ合衆国1917年に参戦してから、Uボートはその活動の中心を大西洋からアイリッシュ海に移した[2][3]

沿岸の都市[編集]

以下にアイリッシュ海沿岸に所在する主要な都市を人口順に示す。

順位 都市名 カウンティ(州) 地方 人口
1 ダブリン ダブリン州 レンスター 1,045,769 アイルランド共和国の旗 アイルランド
2 リヴァプール マージーサイド 北西イングランド 447,500 イングランドの旗 イングランド
3 ベルファスト アントリム州 アルスター 276,459 北アイルランドの旗 北アイルランド
5 ブラックプール ランカシャー 北西イングランド 142,900 イングランドの旗 イングランド
6 サウスポート マージーサイド 北西イングランド 99,456 イングランドの旗 イングランド
7 バーケンヘッド マージーサイド 北西イングランド 83,729 イングランドの旗 イングランド
8 バンガー ダウン州 アルスター 76,851 北アイルランドの旗 北アイルランド
9 バロー・イン・ファーネス カンブリア 北西イングランド 71,980 イングランドの旗 イングランド
10 ウォラシー マージーサイド 北西イングランド 58,710 イングランドの旗 イングランド
11 モアカム ランカシャー 北西イングランド 45,000 イングランドの旗 イングランド
12 リザム・セント・アンズ ランカシャー 北西イングランド 41,330 イングランドの旗 イングランド
13 ドラハダ ラウス州 レンスター 35,090 アイルランド共和国の旗 アイルランド
14 ダンドーク ラウス州 レンスター 35,085 アイルランド共和国の旗 アイルランド
15 リル デンビシャー クルーイド、ウェールズ 35,000 ウェールズの旗 ウェールズ
17 ブレイ ウィックロー州 レンスター 31,901 アイルランド共和国の旗 アイルランド
18 ソーントン=クリーブリーズ ランカシャー 北西イングランド 31,157 イングランドの旗 イングランド
19 コルウィン・ベイ コンウェー クルーイド、ウェールズ 30,265 ウェールズの旗 ウェールズ
20 キャリクファーガス アントリム州 アルスター 27,201 北アイルランドの旗 北アイルランド
21 フリートウッド ランカシャー 北西イングランド 26.840 イングランドの旗 イングランド
22 ダグラス ミドル マン島 26,218 マン島の旗 マン島
20 ワーキントン カンブリア 北西イングランド 25,978 イングランドの旗 イングランド
23 ホワイトヘブン カンブリア 北西イングランド 25,500 イングランドの旗 イングランド
24 ランディドノー コンウェー クルーイド、ウェールズ 20,090 ウェールズの旗 ウェールズ

環境[編集]

アイリッシュ海にはウィンズケールセラフィールド)にあるイギリスの軍用プルトニウム239核処理施設と発電所による重度の放射能汚染問題がある。生産開始からの数十年間で推定250kgものプルトニウムが海底に堆積した[4][5]

[編集]

アイリッシュ海に面した湾

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Direct Passenger Movement by Sea from and to Ireland (Republic)、アイルランド中央統計局 (英語)
  2. ^ U-Boat Alley by Roy Stokes, published by Compuwreck, ISBN 0-9549186-0-6
  3. ^ The War in Maps: The Irish Sea、UBoat.net (英語)
  4. ^ セラフィールド再処理工場による海洋汚染の実態 消えない放射能汚染-90年代半ば以降、定常状態となっているセシウム137の濃度”. 美浜の会 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会 (2001年9月24日). 2014年5月26日閲覧。
  5. ^ 再処理工場周辺の海の放射能汚染”. 原子力資料情報室 (2006年3月16日). 2014年5月26日閲覧。