ビスケー湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bay of Biscay map.png

ビスケー湾英語:Bay of Biscay, フランス語:Golfe de Gascogne, スペイン語:Golfo de Vizcaya)は、北大西洋の一部でイベリア半島の北岸からフランス西岸に面する湾である。

地理[編集]

大部分が大陸棚の浅瀬であるが、冬季の荒波では有名である。

フランスではガスコーニュ湾スペインではビスカヤ湾と、それぞれこの湾に面した地域の名であるガスコーニュビスカヤにちなんだ名で呼んでいるが、いずれもバスクと関連のある地名である。なお、スペインでは湾の西側を特にカンタブリア海と呼ぶ。

フェリーは、ポーツマスイギリス)~ビルバオ(スペイン)、プリマス(イギリス)~サンタンデール(スペイン)間に就航している。

主な川[編集]

主な沿岸都市[編集]

Mar Cantabrico.png

歴史[編集]

ビスケー湾はバスクの捕鯨揺籃の地である。9世紀ヴァイキングがビスケー湾沿岸地域のボルドーやバイヨンヌといった主要都市を支配した頃から、この地域で小舟と銛による集団捕鯨が始まった。以降、バスク人はヨーロッパ各地に鯨油や鯨肉、鯨のひげを輸出、中世において商業捕鯨がこの地域の基幹産業となる。14世紀頃、ビスケー湾沿岸での捕獲量が減少したのをうけて、バスク人漁師たちはニューファンドランド島近海まで進出した。17世紀にオランダやイギリスなどが捕鯨を開始すると、バスク漁業はビスケー湾を基地としつつタラの漁獲と塩干しの加工へと移行した。

今日のビスケー湾はクジラや海鳥の生息地としてホエールウォッチングバードウォッチングがさかんに行なわれている。風が強いことから沿岸にはサーフィンのスポットが多くある。フランスの外洋ヨットレースの1つ、フィガロ・シングルハンドレース(フィガロソロ)のコースともなっている。

関連項目[編集]