アカボウクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカボウクジラ
アカボウクジラ
アカボウクジラ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : アカボウクジラ亜科 Ziphiinae
: アカボウクジラ属 Ziphius
: アカボウクジラ Z. cavirostris
学名
Ziphius cavirostris
Cuvier1823
和名
アカボウクジラ
英名
Cuvier's Beaked Whale

アカボウクジラ(赤坊鯨、Ziphius cavirostris)はハクジラ亜目アカボウクジラ科アカボウクジラ属に属する中型のクジラである。 アカボウクジラ科の中では最も広範囲な海域に棲息する。 1804年にフランスで発見された頭蓋骨の一部に基づき、1823年、フランスの動物学者キュヴィエによって新種として報告された。種小名cavirostrisラテン語の cavi(穴・くぼみ)+ rostris(嘴・吻)に由来し、英名のCuvier's Beaked Whale(キュヴィエのアカボウクジラ)はキュヴィエの名前に由来する。

別の英名としてGoose-beaked Whale(ガチョウのようなくちばしのクジラ)があるが、これはアカボウクジラの口吻の形状がガチョウのくちばしに似ていることに由来する。 事実、中世におけるアカボウクジラの目撃例は、のような胴にフクロウのような頭を持つ怪物として伝えられている。

和名のアカボウ(赤坊)はアカボウクジラの顔が「赤ん坊」(ヒトの個体であって、誕生から十分な時間が経過していないものの通称)に似ているからであるとされる。 別の和名としてカジッポという呼び名もある。

アカボウクジラ属 (Ziphius) はアカボウクジラ科に属するの一つで、アカボウクジラただ1種のみが属する。 学名はギリシア語の ziphos(ξίφος)で、アカボウクジラの雄がもつ円錐形の歯の形に因む。

身体[編集]

ヒトとの大きさ比較

成体の体長はオスが約6.6mでメスが約6.9m。体重は2tから3tである。アカボウクジラの口アカボウクジラ科の他のに比べると短く、ガチョウを思わせる形状である。また、下顎の下に深い皺が二本ある。雄は下顎の先端に円錐状の歯を1対のみもち、雌は歯をもたない。メロンのある前頭部は若干膨らんでおり緩やかに前方へと傾斜している。色は白あるいはクリーム色であり、顎から鼻先、背びれに向かって2/3程度の位置まで白い線状の模様がある。その他の部分の体色は個体による違いが大きいが、大雑把には濃い灰青色あるいは赤褐色である。また多くの個体はダルマザメ (Cookiecutter shark) や他のアカボウクジラに咬まれた跡である白い傷跡や斑点を有する。胸びれは小さく、脇腹にはこれを収める窪みが存在する。ここに鰭を収め、高速遊泳や潜水を行うと推定される。[1]背びれの形状は三角形あるいは鎌状。尾ひれは幅広く、尾の部分の長さは体長のほぼ1/4である。

海上において、オウギハクジラ属のクジラとの識別を行うことは困難である。

寿命は約40年である。

クジラの中でも最も深く潜水する種類の一つである 米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で今年発表された研究によると、標識を付けたあるアカボウクジラは2992メートルの深さまで潜水。また別の1頭は、137.5分間にわたり潜水した。これらはともに、哺乳類の潜水記録を更新した。

生息域と生息数[編集]

アカボウクジラ生息域

アカボウクジラの分布は主に座礁(ストランディング)の記録に基づいて理解されており、大西洋太平洋インド洋に広く棲息している。 個体が観察された北限はシェトランド諸島、南限はフエゴ島である。 水深の深い遠洋を好み、冷たい海域でも、温暖な海域でもどちらでも良い。 深所に生息する魚類頭足類などを食べ、時に甲殻類も餌にするとされる。 頻繁に見られる場所というわけではないが、スペインとフランスにまたがるビスケー湾における研究が有名である。海上における識別が困難であるため、全生息数は不明である。

保護[編集]

日本においては、かつてはアカボウクジラは捕鯨の対象であった。 他のクジラ目のクジラやイルカと同じく刺し網などによる混獲の被害に遭う個体が多数いるものと考えられている。 また、アカボウクジラは雑音に対して敏感であると考えられている。地中海のような騒々しい海域において、座礁(ストランディング)が多数記録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界哺乳類図鑑』 198頁

参考文献・外部リンク[編集]

  1. Thomas A. Jefferson, "Cuvier's Beaked Whale" in the Encyclopedia of Marine Mammals (1998). ISBN 0125513402
  2. Reeves et al., National Audubon Society Guide to Marine Mammals of the World (2002). ISBN 0375411410
  3. Carwardine, Whales, Dolphins and Porpoises (1995). ISBN 0751327816
  4. 海棲哺乳類図鑑「アカボウクジラ」 国立科学博物館 動物研究部
  5. 哺乳類頭蓋骨データベース「アカボウクジラ(雌)」 国立科学博物館 動物研究部
  • ジュリエット・クラットン・ブロック 『世界哺乳類図鑑』 ダン・E・ウィルソン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、198 - 199頁。ISBN 4-7875-8533-9

AFPニュース 2014年10月15日 オーストラリアの海岸に14日、クジラの死骸が打ち上げられた。写真付