海獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海獣(かいじゅう、marine mammals[1])は、に生息する哺乳類(獣)である[2]。海獣類・海洋哺乳類・海生哺乳類・海棲哺乳類・海産哺乳類(あるいは、「~哺乳類」の代わりに「~哺乳動物」)。

形質による分類であり、分類学的なグループ(分類群)や系統学的なグループ(クレード)ではない。もっぱら、水族館学人文科学漁業などの分野で使われる用語である。

範囲[編集]

水族館学では、

を海獣とする[3]

これに、部分的に海生であるホッキョクグマを加えることがある[4][1]。アメリカの海産哺乳動物保護法 (MMPA) も、これらを marine mammals(海産哺乳動物 = 海獣)とする。

そのほか、現生ではカワウソの一部[2]を含むこともある。絶滅群では、デスモスチルス目[4][2]ウミベミンク[2]などがいた。

「海獣」の定義からすると、淡水性・汽水性であるカワイルカバイカルアザラシは含まれないことになるが、区別されることは少ない。逆に、淡水性のカワウソビーバーを同等に扱うこともある[3]

分類[編集]

分類群[編集]

目分類では、現生3目、デスモスチルス目を含めれば4目に分かれる。

ジュゴン目(海牛)
ジュゴンマナティー
鯨偶蹄目の一部
鯨類クジライルカ
ネコ目(食肉目)の一部
鰭脚類アシカアザラシ など)
ラッコカワウソ
ホッキョクグマ
ウミベミンク
デスモスチルス目(束柱類)
デスモスチルスなど

海獣は全て、有胎盤類である。すなわち、有袋類単孔類の海獣はいない。ただし淡水性なら、有袋類のフクロカワウソや、単孔類のカモノハシがいる。

海生への適応[編集]

海生への適応度合いで分類すると、3段階に分かれる[1][5]

海洋常在種
クジラ類・海牛類。一生を海洋で生活し、陸上では生きられない。
海洋適住種
鰭脚類・ラッコ。一生の大部分を海洋で生活するが、繁殖期などは陸に上がる。
海洋好遊種
ホッキョクグマ。主に陸上(あるいは氷上)で生活するが、外敵から逃れたり、移動や、餌を採るために、好んで遊泳する。海獣に含めないこともある。

系統[編集]

海獣以外の系統は簡略化して記す。

有胎盤類

異節類


アフリカ獣

アフリカ好虫類


近蹄類

イワダヌキ目



ゾウ目(長鼻類)



ジュゴン目(海牛)



デスモスチルス目(束柱類)






真主齧類


ローラシア獣

真無盲腸類



鯨偶蹄目

略(側系統)


☆?

カバ科



鯨類






略(側系統)


ネコ目(食肉目)

略(側系統)





略(側系統?)


イタチ科

略(側系統)



イタチ亜科

略(側系統)



(★)ウミベミンク



カワウソ亜科

オオカワウソ




カナダカワウソ




ラッコ



その他のカワウソ









クマ科

略(側系統)




ヒグマ



(★)ホッキョクグマ





鰭脚類










海獣類は互いに近縁ではなく、それぞれが独立に(★の箇所で)海棲に進化した平行進化の一例である。比較的近く同じネコ目に含まれる鰭脚類とラッコも、目の中で特に近くはなく、独立に進化している。

ラッコは1種のみのグループであるが、河川に棲むカワウソから進化している。つまり、(☆の箇所で)水棲に進化したもっと大きなグループの1種である。なお、カワウソ類も部分的に海生の個体群がいる(特定の種が海生というわけではない)。

特徴[編集]

脊椎動物は元来水棲だが、哺乳類は一度完全に陸棲に適応している。そのため海獣は全て二次的に海棲生に再適応したもので、もとからの海生生物に比べ適応が不完全な点も多い。以下のような適応の傾向がほぼ共通に見られる。これは基本的には水中生活への適応であり、淡水産の哺乳類にもほぼ類似の現象が見られるが、海産種の方がより顕著である。

これらは海生爬虫類と同じような傾向であるが、爬虫類では卵生で、卵は水中に耐えられないため、陸で産卵するか、卵胎生になるかの進化が見られる点、元から胎生の哺乳類の方が有利ではある。

  • 全て、陸棲の哺乳類と変わらず肺呼吸である。そのため、一定時間ごとに海面に顔を出す必要がある。
  • 四肢に変化する傾向がある。前脚は魚の胸鰭に、後脚あるいは尾は魚の尾鰭に相似する器官となる。
    • ラッコ・ホッキョクグマは四肢はその形を保っている。
    • 鰭脚類では四肢はすべて鰭脚となっており、陸上での使用は可能ではあるものの、著しく不便となっている。胸びれには前足を、尾びれには後足を当てる。尾はむしろ退化する。アザラシではこれに伴って後足を前に曲げる能力が失われ、陸上での活動はより限定的になっている。
    • 鯨類と海牛類は胸びれに前足を当てる点では同じだが、尾びれに当たる部分に尾をあてた。そのため、後肢が退化してしまっており、ほとんど陸に上がることは不可能である。ラッコは陸に上がることは可能だが上がる必要はない。しかし鰭脚類は海中では交尾出産できないため、繁殖期には陸に上がらなければならない。
  • 断熱のため厚い皮下脂肪を持ち、体毛をほとんど失っている。ただしラッコは体が小型のため皮下脂肪も薄く、かわりに密な毛皮の間の空気層で断熱している。
  • 耳介が退化する傾向がある。なお、ホッキョクグマも同様の傾向を示し、これを海中生活への適応と見ることも出来る。しかし、これは同時にクマ類の中でもっとも寒冷地に住む種として、ベルクマンの法則に合う例と見ることも出来る。
  • 流線型のなめらかな体の線を持つようになるが、これは水中での抵抗が少なくなる点でも有利である。ホッキョクグマは陸棲の他種のクマと形態はほとんど変わらないが、顕著な違いである流線型の頭部や長い首は水中生活への適応であるとされている。

画像[編集]

展示[編集]

かつて江の島水族館の改装前には、鰭脚類を主に飼育する「江の島海獣動物園」があり、オットセイを飼育していた[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c 西脇昌治 (1974), “海獣”, in 相賀鉄夫, 万有百科大事典 20 動物, 小学館 
  2. ^ a b c d 今泉吉典海獣[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  3. ^ a b 海獣好きのための水族館ランキングベスト10|WEB水族館
  4. ^ a b 今泉吉晴 (2009), “海獣”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  5. ^ Yahoo!百科事典(今泉吉典)は、この第1と、第2+第3に相当する2つに分けている。
  6. ^ 歴史 昭和27年設立〜昭和40年代”. 新江ノ島水族館. 2006年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]