オットセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットセイ
若いナンキョクオットセイ
ナンキョクオットセイ Arctocephalus gazella の子ども
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : 鰭脚下目 Pinnipedia
: アシカ科 Otariidae
亜科 : オットセイ亜科 Arctocephalinae
学名
Arctocephalinae Gray1837
和名
オットセイ
英名
fur seal
下位分類群

オットセイ(膃肭臍、英:Fur seal)は、鰭脚類アシカ科のうちキタオットセイ属(キタオットセイ)とミナミオットセイ属(ミナミオットセイ)の総称である。

アシカ科にはアシカとオットセイが属する。アシカ亜科・オットセイ亜科に分類されることもあるが、系統的には否定されている[1]

分布[編集]

キタオットセイは北太平洋に、ミナミオットセイはアフリカ南岸、オーストラリア南岸などに生息する。

生殖[編集]

一匹のオスが複数のメスを独占しハーレムを形成する。ハーレムは一般に海岸に近い場所に形成される。メスをめぐる戦いに敗れたオスは、まとまって群れを作って生活する。その場合、居住地は内陸に入った不便な場所となる場合が多い。若いオスでは戦いに敗れても、戦いのトレーニングを積み体格が大きくなるまで待ちリベンジする場合もあるが、多くのオスは再チャレンジする気力を失い、メスとの交尾の機会を持てずに同性の集団生活において生涯を終える。

特徴[編集]

耳たぶがある、四脚で体を支えて陸上を移動できる、前脚をのように羽ばたくことによって遊泳するなど、アシカ科特有の特徴をもつ。

アシカよりは若干小ぶりで、ビロード状の体毛が密生していることがオットセイの特徴である。

食性としてはタコエビを主食としているが、地域的にはペンギンを捕食する場合もあることが報告されている。

陸上だけでなく、水中でも睡眠を行う。この時、右脳を覚醒させたまま、左脳を眠らせることができる。陸上で眠る時は、人間と同様の方法で眠る[2]

海の生き物だが、海水ではなく淡水でも生育可能である。いくつかの水族館では、オットセイを淡水で飼育している場合もある[3]

利用[編集]

高価な毛皮や、さらには陰茎睾丸生薬名:海狗腎)が精力剤などの漢方薬材料として珍重されたため、乱獲により生息数が激減した。日本は、1911年膃肭獣保護条約を締結し、翌1912年発効の「臘虎膃肭獣猟獲取締法らっこ・おっとせいりょうかくとりしまりほう)」を成立させ捕獲や所持を規制した。1957年には「北太平洋のおっとせいの保存に関する暫定条約」を(アメリカカナダソ連(当時)、日本)締結(1984年失効)し、保護の取り組みを行ってきた。

2006年現在、日本ではヴィタリス製薬株式会社(旧社名プロ・シール株式会社←オットセイ製薬株式会社)だけがオットセイ製剤(オットピン等)の製造を行っている。

オットセイ保護区[編集]

名前の由来[編集]

オットセイはアイヌ語で「onnep」(オンネプ)とよばれていた。それが中国語で「膃肭」と音訳され、そのペニスは「膃肭臍」(おっとせい)と呼ばれ精力剤とされていた。後に日本ではペニスの部位だけを指す生薬名が、この動物全体を指す言葉になった[4][出典無効]。あまりにも一般的になったため、1957年に北太平洋のオットセイの保存に関する暫定条約が締結された際、出席した日本代表団がオットセイを英語であると誤解。英語でオットセイと説明しても理解されず、何回か発音を変えて言い直しを行うニュース映像が残されている。

また、英語ではfur seal(毛皮アザラシ)と呼ばれ、アザラシよりも質の良い毛皮が取れるため、この名前がついたといわれている。いずれにしても、精力剤や毛皮の対象として捕獲されてきたことを物語る名前である。[要出典]

日本のオットセイ[編集]

日本海や銚子沖の太平洋が、キタオットセイ属の南限といわれる。たまに日本海側や北海道、東北地方の海岸に死体や、生きたまま漂着することがあるが、2006年9月9日、内陸部に位置する埼玉県川越市新河岸川(今成2丁目付近の水田)で野生と見られる衰弱したオットセイ(後に「しんちゃん」と名付けられた生後1-2年の雄)が発見され、警察で捕獲し、翌日、上野動物園へ収容・保護された[5]。春、日本ではオットセイの群れが南下してくるため、このオットセイを太平洋に戻すことになり、放流に向けた馴致(野生に戻るリハビリ)に[6]、12月4日、鴨川シーワールド(アザラシ授乳室)へ移動され、トレーニングが行われた[5]。翌2007年2月下旬、オットセイの群れが見られたため、しんちゃんは3月8日に銚子の沖合い(約17km)にて放流され野生復帰した[7]。鴨川シーワールドでは今まで何頭か放流に成功している[8]

展示は伊豆三津シーパラダイス新江ノ島水族館などの水産庁の許諾を得た一部の水族館動物園で行われている。

分類[編集]

オットセイをモチーフにしたキャラクター[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wynen, L.P. et al. (2001) Phylogenetic relationships within the eared seals (Otariidae: Carnivora): implications for the historical biogeography of the family. Mol. Phylog. Evol. 21, 270–284 。2012/12/10見る
  2. ^ “片側の脳だけ眠るオットセイ、誘発物質特定で不眠治療に光”. AFPBB News. (2013年2月21日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2929826/10321146 2013年2月21日閲覧。 
  3. ^ ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜 2013年9月1日放送 森で発見!オットセイの秘密基地
  4. ^ 「オットセイ」の語源を求めて言葉の世界 佐藤和美
  5. ^ a b 保護されたキタオットセイがシーワールドへ「鴨川シーワールドからのお知らせ」南房総市 2006年12月4日
  6. ^ 広報川越No1142 2007年1月号 (PDF) 川越市 2006/12/25
  7. ^ えのすいトリーター日誌 「しんちゃん」海にかえる!新江ノ島水族館 2007.03.09
  8. ^ 海の生き物教室「オットセイ・しんちゃんの保護」開催「鴨川シーワールドからのお知らせ」南房総市 2007年2月6日

外部リンク[編集]

資料[編集]

  • Roger L. Gentry. 1998 Behavior and ecology of the northern fur seal Princeton University Press