フエゴ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フエゴ島
世界最南端の都市ウスアイーア
座標 南緯54度00分 西経69度00分 / 南緯54.000度 西経69.000度 / -54.000; -69.000
面積 47,992 km²
所在海域 ビーグル水道
所属国・地域 アルゼンチンの旗 アルゼンチンチリの旗 チリ
テンプレートを表示
フエゴ島

フエゴ島は、南アメリカの南端部に位置するティエラ・デル・フエゴ(フエゴ諸島、Tierra del Fuego)の主。面積は47,992 km²スペイン語ではIsla Grande de Tierra del Fuego(イスラ・グランデ・デ・ティエラ・デル・フエゴ、ティエラ・デル・フエゴの大島)というが、略してIsla Grande、またはTierra del Fuegoということもある。アルゼンチンチリの両国によって分割され、統治されている。世界最南端の都市はアルゼンチン領のウスアイア

概要[編集]

1520年、世界一周の航海の途上でマゼラン海峡を通過したフェルディナンド・マゼランによって発見された。スペイン語でティエラは陸地、フエゴはの意味で、島に多数の焚き火を見たことから名づけられた。焚き火は先住民族ヤーガン族のもので、半裸の生活を送っていたヤーガン族が暖をとるために熾していた火とも、マゼランの艦隊を見て出した警報の火とも言われる。

西半分をチリ、東半分をアルゼンチンが領有している。気候は概ね温帯西岸海洋性気候Cfc)または寒帯ツンドラ気候ET)に属する。緯度の割には冬の気温が高く、また海洋性気候で気温の年較差が小さいため亜寒帯の要件を満たす地点がなく、夏の気温で西岸海洋性気候かツンドラ気候かが決まる。西側がフィヨルド状の海岸線であるのに対して、東側は比較的滑らかな海岸線を描く。

太平洋大西洋を隔て、南アメリカ大陸側とはマゼラン海峡南極大陸側のナバリノ島オステ島とは、チャールズ・ダーウィンを乗せたビーグル号の経路であるビーグル水道によって隔てられている。なお、南アメリカ南端の岬として有名なホーン岬はこの島の南のホーン島にある。これらの島の更に南極大陸側に荒れる海として知られるドレーク海峡がある。

先住民族はインディオの一つであるヤーガン族であるが、西欧人の入植後、ヤーガン族は激減し、混血も進んだため、現在では純粋なヤーガン族はほとんどいない。彼等の言語であったヤーガン語の話者も僅か1人を残すのみである。

アルゼンチンのティエラ・デル・フエゴ州の州都ウシュアイア(人口6万人)は人間が常時居住する世界最南端の都市である。チリ領マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州の州都であるプンタ・アレーナス(人口13万人)は、大陸側にあるため南米大陸最南端の都市と言える。なお、フエゴ島の最多人口都市は、2010年現在、リオ・グランデである。

市町村[編集]

都市[編集]

アルゼンチン領

町村[編集]

チリ領

関連項目[編集]