ドレーク海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南アメリカ南極の間にあるドレーク海峡
正射図法で見たドレーク海峡

ドレーク海峡(ドレークかいきょう、: Drake Passage)は、南アメリカホーン岬南極大陸との間の海峡南極海の一部でもあり、世界でも最も荒れる海域の一つ。ギネスブック世界一幅の広い海峡として認定されており、最狭部でも約650kmある。

歴史[編集]

名前は、イギリス人の私掠船の船長で探検家の、フランシス・ドレークにちなんでつけられた。1578年、ドレーク船長が南太平洋暴風雨に遭い、ホーン岬付近に漂着した後大西洋へ出たことから、この海峡の存在が初めて知られた。それまでは、マゼラン海峡が大西洋と太平洋を結ぶ唯一の海峡と考えられていた。ドレーク海峡を最初に航海した公的な記録は、オランダ人ウィレム・スホーテン (Willem Cornelisz Schouten) が船長を務めた1616年の航海とされている。

地理[編集]

海峡の南、南シェトランド諸島南極半島との間には、ブランズフィールド海峡Bransfield Strait)があり、その周辺は南極観測基地のメッカである。

ドレーク海峡を含む南緯60度付近はいつも荒れているため"shrieking sixties"(絶叫する60度)と呼ばれる。年間を通して温帯低気圧の通り道となっており、陸地が全く存在しないために強風や海流が遮られないことによる波浪の発達が著しい。

関連項目[編集]

ドレーク海峡


座標: 南緯58度34分49秒 西経65度54分34秒 / 南緯58.58028度 西経65.90944度 / -58.58028; -65.90944

執筆の途中です この項目「ドレーク海峡」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています