オレロン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレロン島
Île d'Oleron.png
座標 北緯45度55分 西経01度20分 / 北緯45.917度 西経1.333度 / 45.917; -1.333
面積 174 km²
最高標高 34 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

オレロン島 (-とう、フランス語: île d’Oléron)は、フランス大西洋岸にある島。ラ・ロシェルの西、ペルテュイ・ダンティオシュ水道の南側に位置する。フランス海外領土を除いて、フランスでコルシカ島の次に2番目に大きい島である。島の南端と向かい合うマレンヌの町とともに、フランス一のカキ養殖地である。

歴史[編集]

1152年から1160年にかけ、アリエノール・ダキテーヌがつくらせた『オレロンの巻物』の中に登場する。1306年、イングランドエドワード1世は、島をアキテーヌ公領の一部として嫡子エドワードに与えた。

行政[編集]

オレロン島は、ポワトゥー=シャラント地域圏シャラント=マリティーム県)に属する。島には8つのコミューンがある。総人口は約1万9千人。

交通[編集]

1966年から、島は本土と橋でつながれた。全長3027メートルあり、フランスで最も長い橋である。1991年から橋の通行料金が無料になった。