ウェサン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ouessant/Enez Eusa
Flag of Ushant.png
Ushant SPOT 1273.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県
(arrondissement) ブレスト郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 29155
郵便番号 29242
市長任期 ドニ・パリュエル(PS
2008年-2014年
人口動態
人口 871人
2010年
人口密度 55人/km²
地理
座標 北緯48度28分 西経5度06分 / 北緯48.46度 西経5.1度 / 48.46; -5.1座標: 北緯48度28分 西経5度06分 / 北緯48.46度 西経5.1度 / 48.46; -5.1
標高 平均:?m
最低:0m
最高:64 m
面積 15.58km²
Ouessant/Enez Eusaの位置
Ouessant/Enez Eusa
テンプレートを表示

ウェサン島(-とう、: Ouessant: Ushant:アシャント島、ブルトン語: Enez Eusa)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県に属するイギリス海峡の島。島一つでコミューンとなっている。ヨーロッパフランスの北西端を成す。

地理[編集]

ウェサン島の位置
灯台と電波塔

北緯48度28分・西経5度5分に位置する。イギリス海峡の西の入り口の南端の陸標として、北の陸標であるシリー諸島と対をなす。岩がちの島で、東西約 8 km、南北約 3 km、面積約 15 km²、標高は最高 61 m。人口は1999年の統計で 932 人である。

古いブルトン語のことわざに「ウェサン島を見る者は己が血を見、サン島を見る者は己が終わりを見る」というものがあり、これは島の周辺が、多くの岩と10ノットを超す潮流がある航海の難所であることを意味している。

歴史[編集]

ウェサン島は昔から漁業と、海峡の入り口の陸標として名高く、舟歌などにも歌われてきた。

また、ウェサン島の近くでは何度も海戦が行われてきている。18世紀の3回の海戦はイギリスとフランスとの間で戦われたものである。

1978年3月にはアメリカのオイルタンカー、「アモコ・カディス」号が島からおよそ19マイルの場所で座礁し、ブルターニュ海岸を広範囲に汚染するという事故が起きた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1938 1814 1450 1221 1062 932 857 871

参照元:1999年までEHESS[1]、2000年以降INSEE[2][3]

雑学[編集]

  • 特殊な小型の黒毛羊の飼育の発祥の地。
  • Kreac'h(Creac'h)灯台は世界一強力なことで有名。
  • 世界一周航海の起点と終点にウェサン島とイギリスのリザード岬を結ぶ線が使われることが多い。
  • 映画『灯台守の恋』(2004年)は、島の沖合にあるジュマン灯台を舞台としている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]