ZH1 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ZH1ドイツ海軍駆逐艦。元はオランダ海軍ティエルク・ヒッデス級駆逐艦ゲラルト・カレンブルク (Gerard Callenburgh) として建造されていた艦で1938年10月12日起工され、1939年10月12日に進水したが、1940年5月10日、侵攻してきたドイツ軍の手に渡らないように自沈させられた。ドイツはこれを引き揚げてハンブルクへ運び1942年10月11日に就役させた。就役後はバルト海で実験用艦艇として使用されていた。1943年4月11日にデンマーク船と衝突。1943年11月にフランスに進出し、封鎖突破船オゾルノや日本の潜水艦伊29の護衛などを行った。1944年6月8日、ノルマンディー上陸作戦の開始を受けて駆逐艦Z32Z24、水雷艇T24と共にブレストを出撃しシェルブールへ向かったが、それを察知し攻撃に向かってきた連合国軍駆逐艦部隊に9日の1時過ぎに発見され戦闘に入った。ZH1は機関部への被弾により航行不能となった後、英駆逐艦アシャンティの放った魚雷1本が命中、艦は放棄され乗員の手により自沈させたれた。2時40分沈没。生存者は168名で、艦長を含む39名が戦死した。沈没位置は、北緯48度52分西経4度28分。なお、この海戦ではZ32も沈んでいる。

要目[編集]

  • 基準排水量:1,629トン
  • 全長:107メートル
  • 速力:37.5ノット
  • 乗員:230名
  • 兵装:12cm連装砲2基、単装1基、魚雷発射管8門など