アモコ・カディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amoco Cadiz 1 edit1.jpg
1978年、座礁したアモコ・カディス
船歴
起工
進水
竣工 1974年
その後 1978年3月16日座礁し沈没
主要目
総トン数 109,700 トン
載貨重量トン数 233,690 トン
全長 334.02 m
垂線間長 313.01 m
型幅 51.06 m
型深 26.19 m
吃水 19.813 m
主機 ディーゼル
出力 22,678kW
航海速力 15.0ノット
最高速力
乗員

アモコ・カディス (Amoco Cadiz) は原油タンカー。1978年にフランス沖で座礁石油流出事故を起こした。

概要[編集]

1974年スペインのAstilleros Espanoles S.A.カディス造船所で竣工した。船主はアモコ・トランスポート社で、アモコ・インターナショナル社が運航し、船籍はリベリアである。

原油流出事故[編集]

1978年3月16日、ペルシャ湾からロッテルダムへ向けて原油22万トンを輸送中、フランスのブルターニュ半島沖140kmの海上で操舵装置が故障したため、 曳船により曳航しようとしたが時化のためワイヤが切れ漂流。ブレスト北方のポルサル(プルダルメゾー)沖約5kmで座礁して船体が真っ二つに折損し、積み荷の原油が流出し始めた。 21日までに原油17万トンが流出し、24日には船体が完全に分断されほぼ沈没、原油は全て流出した。 この事故によりブルターニュ半島沿岸が125マイルに渡り汚染され、漁業等に壊滅的な被害を及ぼした。

船体が折れたアモコ・カディス


参考文献[編集]

  • Joachim W. Pein著 『Giganten der Meere Die Grossten Tankschiffe der Welt』 Koehler 2011年 ISBN 978-3-7822-1006-5
  • 海人社『世界の艦船』1978年6月号 No.255

外部リンク[編集]